クリサンセマム・マウイ Rhodanthemum gayanum

クリサンセマム・マウイの花
写真 クリサンセマム・マウイ
撮影時期 2008.5.11
栽培状況 苗購入後、鉢植え
科名・属名

キク科
ローダンセマム属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ローダンセマム・ガヤヌム

原産地

モロッコ〜アルジェリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜7月

【クリサンセマム・マウイについて】

クリサンセマム・マウイは、マーガレットに似たピンクの花が咲く宿根草です。ローダンセマム属に分類されていますが、園芸店やホームセンターなどでクリサンセマム・マウイという名前で売られているのは、以前はクリサンセマム属に分類されていたためです。

以前に、下の写真のように、明石海峡公園の百段苑でとてもきれいに咲いたのを覚えていますが、最近は苗もよく見かけるようになりました。

耐寒性は強く露地で越冬しますが、耐暑性はあまり強くありません。

栽培したところでは、プランターに植えて、夏、午後から日陰になるところに置いてあったところ、なんとか夏を越えました。ホスマリエンゼよりは少し耐暑性があるような気がします。もっとも、栽培環境が少し違ったせいかもしれません。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は30pほどです。葉が美しいシルバーリーフです。

マーガレットに似た花径3〜4pほどの花です。花色はピンクが一般的です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性は弱く暖地の夏越しは容易ではありません。

学名の説明

Rhodanthemum・・・・・ギリシャ語の Rhodon(バラの、バラ色の)+ とAnthemon(花)が語源になっています。

gayanum・・・・・「ゲイの」、フランスの植物学者ゲイ(Gay)氏の名前にちなんでいます。

【主な種類と品種】

園芸店などではクリサンセマム・マウイとして売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植もできますが、株がさほど大きくなりませんので鉢やプランターで育てるのに向いています。園芸店やホームセンターなどでは、春先にポット苗が販売されていることが多いようですので、これを買って育てます。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植えるときは、植えつけ前に苦土石灰を撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

クリサンセマム・マウイの花

鉢植えの用土

鉢やプランターに植えるときは、赤玉土、軽石、バーク堆肥(腐葉土)を5:2:3程度に混ぜた用土などを使います。

株間

庭植えの場合は、15〜20pほどにします。鉢植えの場合は5号鉢に1株植えつけます。

植え場所・置き場所

夏の高温多湿を嫌いますので、庭植えの場合は、午前中のみ日が当たるようなところ、あるいは夏は半日蔭になるようなところに植えつけます。

鉢植えは、秋から春は日当たりのよいところに、夏は半日陰に置いて育てます。

植え替え

暖地では夏越しが容易ではありませんが、鉢やプランターに植えた株が夏を越すことができたら、秋は10月ごろに、春は3月ごろに新しい用土に植え替えます。

日常の管理

夏の高温多湿を嫌うので、梅雨の長雨に当てないようにし、夏は涼しいところで管理します。

花が終わって梅雨が来るまでの間に、蒸れないように株全体を刈り込んでおきます。

冬の管理

耐寒性が強く、暖地では戸外で冬を越します。

鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に水やりをします。

肥料

植え付け時に緩効性の肥料を与えます。後は、春先と秋に緩効性の化成肥料を置肥します

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。その他、夏場の高温多湿で蒸れて枯れることがよくあります。特に、関東以西の暖地ではその可能性が高いです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。