ルリマツリモドキ Ceratostigma plumbaginoides

ルリマツリモドキの花
写真 ‘ブルーサファイア’
撮影時期 2014.9.18
栽培状況 鉢植え
科名・属名

イソマツ科
セラトスティグマ

園芸分類

落葉性亜低木

別名

(特にありません)

原産地

中国北部

用途

鉢植え

花期

7〜11月

【ルリマツリモドキについて】

ルリマツリモドキは、中国北部原産の亜低木です。頭にルリマツリと付いていますが、ルリマツリとは属が異なっていて、ブータンルリマツリが近縁種です。こちらの方がルリマツリよりもブルーの花色が冴えていますので、モドキという名前はかわいそうな気がします。

ルリマツリ同様に花期が長く、初夏から秋にかけて咲く鮮やかなブルーの花がとても美しいので魅力があります。

栽培したところでは、ルリマツリほどは枝が伸びずコンパクトに育ちますので、鉢やプランターなどで育てるのにも向いています。

【花の特徴と性質】

樹高

1m程度になるとされていますが、そんなには大きくならないと思われます。買って2年目になりますが、生育はゆっくりですので鉢植えにも適しています。

花径2pほどで、美しい青紫色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強く、耐寒性も比較的強いですが、冬は霜の当たらない軒下に置きます。

学名の説明

Ceratostigma・・・・・ cerato(角)+ stigma(柱頭)が語源です。

plumbaginoides・・・・・「ルリマツリに似た」

【主な種類と品種】

同属にブータンルリマツリがありますが、混同されているようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

暖地では花壇に植えても冬を越しますが、寒さの厳しいところでは、鉢やプランターでの栽培になります。花の咲いた株が園芸店で売られていますので、通常は、これを買って育てます。

花壇に植えるときは、バーク堆肥などを庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢やプランターに植える場合は、ポット苗で売られている場合が多いですので、そのときは根鉢をあまり崩さないようにして大きめの鉢に植え替えます。

鉢植えの用土

用土は、市販の草花用培養土又は赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜた用土が一般的です。

植え場所・置き場所

花壇に植えるときは、水はけがよく日当たりのよいところに植えつけます。半日陰でも大丈夫です。

鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てますが、夏は乾燥を防ぐ意味からも半日陰のところに置きます。

ルリマツリモドキの花

植え替え

鉢やプランターは、毎年もしくは2年に1回、春又は秋に植え替えをします。

日常の管理

土の表面が乾いたらたっぷりと水やりします。水切れすると株が弱りますので注意します。

冬の管理

比較的耐寒性がありますので、暖地では、葉が落ちてしまうものの花壇で冬を越します。

鉢やプランターは、軒下の霜の当たらないところに置きます。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与え、花期が長いので、追肥として月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。