ロードレイア Rhodoleia henryi

ロードレイアの花
写真 ロードレイア・ヘンリー
撮影時期 2014.3.6
栽培状況 庭植え
科名・属名

マンサク科
ロードレイア属

園芸分類

常緑中木

別名

シャクナゲモドキ

原産地

中国雲南省

用途

庭植え

花期

3月

【ロードレイアについて】

ロードレイアはシャクナゲに似た葉をしているところからシヤクナゲモドキという別名を持っています。庭に植えると開花までに少し年数がかかりますが、丈夫で、花の少ない早春に花が咲きます。

早春には比較的黄色の花木が多いですが、その中にあって濃いピンク色の花が映えます。

栽培したところでは、耐寒性があって、また、大変丈夫で、年々よく花が咲いています。この木は、だいぶ前の「サカタのタネ」のカタログで見かけて購入したものですが、期待以上のすばらしい花木でした。

なお、本種は常緑高木とされることがありますが、植えてから10年以上になりますが、剪定をすればそれほど場所は取りません。樹高も2.5mほどで抑えられています。

【花の特徴と性質】

ロードレイアの花

樹高

3〜5m程度です。

花径4〜5pほどのピンクの花が下向きに咲きます。

耐寒性・耐暑性

本種は中国雲南省の原産で、耐寒性があり暖地(関東地方以南の太平洋岸)では十分に庭植えが可能です。

学名の説明

Rhodoleia・・・・・"smooth rose" (バラ科バラ属の常緑低木であるロサ・ブランダのことか?)を意味するとされています。なお、ギリシャ語の rhodos(バラ)が語源ですが後段は不明です。

henryi・・・・・アイルランドの医師で植物コレクターの Augustine Henry に因みます。

championii・・・・・本種の発見者であるイギリス人の G.Champion に因みます。

【主な種類と品種】

ヘンリー
R. henryi

中国の雲南省に自生していて、耐寒性が強く関東以西の暖地では庭植えができます。通常、ロードレイアとして出回っているのは本種です。

チャンピオニー
R. championii

マレー半島やスマトラ島に自生しているため、耐寒性が弱く、庭植えは困難とされています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

常緑樹ですので、通常は4〜5月に植え付けます。地植えにうえにすると株が伸びすぎて開花が遅れます。写真の木も、そのまま庭に植えたので開花まで5年かかっています。ただし、咲き始めると、年々、花数も増えてきてます。

鉢植えでも育てられないことはないですが、木が大きくなりますので庭植えが適しています。また、この花木のすばらしさを満喫するには庭植えがよいと思います。

植え付けに当たっては、植え穴に腐葉土か完熟堆肥を入れて、庭土とよく混ぜておきます。

ロードレイアの花

植え場所

日当たりのよいところに植え付けます。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

剪定

庭植えの場合、植えて数年は特に剪定の必要はありませんが、次第に樹形が乱れてきますので、樹高を抑えて、伸びすぎた枝を剪定します。

剪定の時期は、花後に行います。一度、かなり思い切って剪定しましたが、芽吹きもよく、まとまった樹形になりました。

肥料

丈夫で、樹勢も強いので、庭植えの場合は肥料はさほど必要はありません。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。