レーマンニア Rehmannia elata

レーマンニアの花
写真 レーマンニア・エラータ
撮影時期 2014.4.23
栽培状況 大型のプランターで栽培
科名・属名

ゴマノハグサ科
レーマンニア属
(ジオウ属)

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

中国

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【レーマンニアについて】

レーマンニア属の植物では漢方薬に使う「地黄」(Rehmannia glutinosa)が有名ですが、本種は観賞用種です。ロゼット状に葉を広げて越冬した後、春に花茎を伸ばして筒状の花を咲かせます。

ジギタリスに似た花が長い間咲いてくれますので、なかなか魅力のある宿根草です。耐暑性がもう少し強ければ言うことなしですが。

栽培したところでは、夏の暑さを嫌いますが、梅雨明けから午前中は半日陰、午後は日が当たらないところに置いて育てたところ、何とか夏を乗り切ることができました。夏を越せば、後は手間もかからず、翌春には満足できる花を見ることができます。

【花の特徴と性質】

レーマンニアの花

草丈

種苗会社から購入した品種は、あまり大きくならず80c〜1mほどになりました。

花径は5pほどで、ジギタリスを大きくしたような花です。

長い花茎の下の方からだんだんと咲いてきますので、長い間楽しめます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、夏の高温多湿を嫌います。

学名の説明

Rehmannia・・・・・19世紀の中国のロシア大使館に勤めていた Joseph Rehmann に因みます。

elata・・・・・「背の高い」、「丈の高い」

glutinosa・・・・・「粘着質の」、「膠質の」

【主な種類と品種】

レーマンニアの根茎は、漢方薬の地黄として利用されますが、観賞用は別のようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

種苗会社のカタログなどに苗が出ていますので、これを買って植えつけます。暖地の場合は、秋に植え替えたほうが春によい花が期待できます。

暖地の場合、花の咲いた株は枯れてしまいますが、その周囲に小苗が生えてきますので、二年目以降は、この苗を秋に植えつけます。

栽培した結果から言うと、レーマンニアは夏の高温多湿に弱いので、暖地の場合は、庭植えにするよりも季節に応じて移動できる少し大き目のプランターに植えた方が管理が楽です。

レーマンニアの花

株間

25〜30pほどが目安ですが、少し詰めて植えたほうが写真のように見栄えがします。

植え替え

株分けを兼ねて春か秋に植え替えます。

暖地では秋に植え替えた方が、開花時期までに充実した株になります。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところを好みますが、暑さを嫌うので夏は風通しのよい半日陰になるところが適しています。

暖地の場合は、夏は樹木の下で日がほとんど当たらないところがでも大丈夫です。

鉢やプランターに植えた場合は、梅雨明けから秋が来るまでは、午後は日が当たらないようなところで管理します。

日常の管理

鉢植えの場合は、やや乾燥気味に管理し、表面が乾いてから水やりします。

花が終わったら、株元を15pほど残して切り戻しをします。

冬の管理

耐寒性が強いので、暖地ではプランターに植えたものも戸外で冬を越します。

ふやし方

古い株の周囲に出てきた小苗を、毎年植え替えたほうがよい結果が得られます。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を与えます。また、生育期には10日に1回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

それほど大きな被害を与えるものはありませんが、ナメクジには注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。