ロケア Rochea coccinea

ロケアの花
写真 ロケア
撮影時期 2016.6.10
栽培状況 開花株購入
科名・属名

ベンケイソウ科
ロケア属

園芸分類

非耐寒性多肉植物

別名

クレナイロケア

原産地

南アフリカ

用途

庭植え

花期

5〜6月

【ロケアについて】

ロケアは、5月頃になると園芸店やホームセンターなどで見かける花です。過湿にならないよう注意すれば大丈夫ですが、耐暑性があまりないので、関東以西の暖地での栽培はやや難しいようです。

自生地が南アフリカ共和国のケープ州の山岳地域とされていますので、高温多湿の日本の夏に耐えられないのかもしれません。

栽培したところでは、前に購入した株(写真:下)は、植え替えをせずに育てていたら夏に枯れてしまいました。上の写真の株は、水はけのよい用土に植え替えをしてもう一度育ててみるつもりです。結果は追記します。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜40p程度です。

つぼみを見ると大きめの花が咲きそうですが、写真のように花径1pほどの小さな花です。ただし、ひとつの花茎にたくさん咲きますので見栄えがします。

花色は赤色が多いようですが、色変わりもあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性が弱く、環境適応力が弱いと言えます。

学名の説明

Rochea・・・・・フランスの植物学者 Francois de la Roche に因みます。

coccinea・・・・・「深紅色の」

【主な種類と品種】

園芸店やホームセンターなどでは、赤花の品種のほか、花色が白から赤く変化する品種が売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

5月頃つぼみの付いた鉢物が出回りますので、これを買って育てます。多湿に弱く、耐寒性もありませんので鉢での栽培になります。

ロケアの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使うことが大切です。

置き場所

日当たりを好みますが、夏場は半日陰の涼しいところで管理します。

また、年間を通じて雨のかからないところが適していますが、特に、梅雨時などの長雨には当てないようにします。

植え替え

花が終わったら、切り戻しをして植え替えます。

日常の管理

とにかく過湿にしないことが肝要で、水やりは表土が乾いてから行うと安全です。

花が終わったら、3分の1程度に切り戻ししますが、暖地では、夏越しが難しいようです。繁殖は、挿し芽が可能で、5月頃にわき芽を挿せば発根します。

夏の管理

耐暑性が弱いので、風通しのよい半日陰もしくは明るい日陰など、雨のかからない涼しいところに置きます。

冬の管理

耐寒性が弱いので、寒くなってきたら室内に取り込みます。

ふやし方

挿し芽が可能で、5〜6月頃にわき芽を挿せば発根します。

肥料

肥料はあまり必要としません。

病気・害虫

特にないようですが、夏場に蒸れて枯れることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。