ルリヤナギ Solanum melanoxylon

ルリヤナギの花
写真 ルリヤナギ
撮影時期 2002.9.7
栽培状況 庭植え
科名・属名

ナス科
ナス属

園芸分類

常緑小低木

別名

リュウキュウヤナギ

原産地

ブラジル、ウルグアイ、ペルー

用途

庭植え

花期

8〜9月

【ルリヤナギについて】

ルリヤナギは、以前は比較的よく見かけましたが、最近あまり見られなくなった気がします。一見するとナス科の植物のようには思えませんが、咲いた花を見ると、この木がナス科であるということが納得できます。

8〜9月頃に、薄紫色の涼しげな色合いの花が咲きます。それほど派手ではないですが落ち着いた色合いがよく、また、つぼみも丸くふくらんでかわいいので風情があります。別名のリュウキュウヤナギは、昔、南方から琉球をへて日本に渡来したことによると言われています。

栽培したところでは、暑さ、寒さに強く育てやすい花木です。

【花の特徴と性質】

樹高

常緑の低木で、高さは1〜2mぐらいになります。

花は小さな花で、2〜3輪づつ次々と咲かせ、結構長い期間咲いてくれます。ルリヤナギという名前ですが、花色は瑠璃色ではなく薄紫色で、写真のように下向きに咲きます。

耐寒性・耐暑性

寒さにやや弱いようですが、香南市野市町では露地で冬を越しています。

学名の説明

Solanum・・・・・ solamen(安静)が語源です。
※ この属の植物に 鎮痛作用を持つものがあることに由来します。

melanoxylon・・・・・ギリシャ語の melas (黒)+ xylon(木)が語源です。

【主な種類と品種】

変種などはないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどではあまり見かけませんが、春にときどき出ています。関東以西の暖地では庭植えもできますし、それほど大きくなりませんので鉢植えでも栽培できます。

植え付けは、春が適期です。庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘ってバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをしておきます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土に植えつけてもよいですし、私は赤玉土とバーク堆肥を2対1の割合にした用土に植えていましたが、問題なく育ちました。

ルリヤナギの花

植え場所・置き場所

庭に植えるときは、日当りがよく、やや湿地を好みますので、そうした場所に植えつけます。

もっとも、普通の水はけでのところでも、特に問題なく育ちます。土質も特に選びません。

植え替え

鉢植えは、毎年植え替えます。鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。

同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

鉢植えは、夏場の水切れに注意します。

地下茎から新しい枝が出て叢生しますので、古い枝を除くようにすれば、低い樹高で花を楽しめます。

冬の管理

耐寒性がやや弱いので、鉢植えは霜の当たらない軒下などに移します。

ふやし方

6月〜7月に挿し木をするか、株分けで増やすことができます。

肥料

非常に丈夫なので、庭植えでは多肥にしなくてもよく育ちます。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、追肥として生育期に月に1回ほど置肥をするか液肥を定期的に与えます。

病気・害虫

病虫害もなく、丈夫で育てやすい花木です。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。