ルピナス Lupinus spp.

ルピナスの花
写真 ルピナス・テキセンシス 'ブルーボンネット'
撮影時期 2006.5.3
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬は農ポリでトンネルして霜除け)
科名・属名

マメ科
ルピナス属

園芸分類

一・二年草

別名

主な種類と品種を参照

原産地

地中海沿岸、北米

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜5月

【ルピナスについて】

ルピナスの仲間では、ラッセル・ルピナスを最もよく見かけますが、一年草の仲間にもカサバルピナスキバナルピナスなどがあります。

ここで取り上げているのは、それ以外のルピナスです。

栽培したところでは、ルピナスは寒さには比較的強いですが、'ブルーボンネット'という品種をトンネルして栽培したところ、大変よく咲いてくれました。なお、ルピナスは低温に当たることで花芽をつくりますが、秋に花壇に定植して1月から2月の間、トンネルをしましたが、その程度では開花に影響ありませんでした。

【花の特徴と性質】

ルピナスの花

草丈

(主な種類と品種を参照してください。)

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

高温多湿に弱いので、暖地では夏を越すことが困難です。

学名の説明

Lupinus・・・・・lupus(オオカミ)に由来するローマの植物名から

texensis・・・・・(アメリカの)「テキサスの」

nanus・・・・・「小さい」、「低い」

【主な種類と品種】

ルピナス・テキセンシス
(L. texensis)

 アメリカのテキサス州原産で、草丈は30〜40p程度です。「サカタのタネ」から、青花の 'ブルーボンネット' や濃赤花の 'テキサスマローン' のタネが出ていました。

ピクシーデライト
(L. nanus)

一年草で、草丈は40pで、花穂は20cmほどの中型のルピナスです。花色がミックスされたタネが販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月中旬〜10月中旬がタネ播きの時期です。寒冷地は春播きになります。移植を嫌うので直播きがいいですが、花壇にすぐタネが播けない場合は、ポットや小鉢に播きます。覆土は5mmほどにします。タネの皮が堅くて水を吸いにくいので、一晩水につけてから播くと発芽がよくなります。

直まきの場合は、25〜30cmの間隔で2〜3粒づつ播きます。発芽後、しっかりした苗を1本残して、ほかは間引きします。

ポットや小鉢に直接播く場合は、2〜3粒づつ播き、発芽後、苗の育ちを見てよい苗を1本残します。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど混ぜて耕しておきます。

ポットにタネを播いた場合は、ポットの底に根が回ってきたら花壇に定植します。春までに株をできるだけ大きくしておかないとよい花が咲きませんが、定植が遅れると、株を大きくすることが難しくなります。

花壇に植える場合は、植えつけ時にバーク堆肥(腐葉土)を1u当たり5〜10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

ルピナスの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土にパーライトを1割程度加えたものを使用します。

株間

花壇に植える場合は25〜30pほどの間隔をとります。60cmのプランターの場合は、3〜4株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよい場所に植えつけます。鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

花後にタネが付きますので、株が弱らないよう早めに取り除きます。

冬の管理

ルピナスは耐寒性があり、本来は、霜除けの必要ありません。ただし、それは宿根している場合で、秋に定植して十分に根が張ってないときに霜が当たると、ひどく傷んでしまいます。枯れないまでも、春になっても、貧弱な花しか咲きません。

高知でもそれですので、秋に定植したときは、農ポリもしくは不織布でトンネルをするなどして霜除けをします。その方が、冬の間もよく生育して春までに充実した株になり、期待どおりの花が咲きます。

肥料

肥料は、控えめにします。特にチッソ肥料は控えめにします。

花壇に植える場合は、元肥として化成肥料を1u当たり30gほど施しておきます。

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用の培養土を使用する場合は、培養土に元肥が入っていますので、追肥として液肥を定期的に施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、追肥として液肥を定期的に施します。

病気・害虫

アブラムシがつきやすいので注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。