キバナルピナス Lupinus luteus

キバナルピナスの花
写真 キバナルピナス
撮影時期 2008.4.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

マメ科
ルピナス属

園芸分類

秋播き一年草

別名

黄花ルーピン

原産地

ヨーロッパ南部

用途

庭植え

花期

4〜5月

【キバナルピナスについて】

キバナルピナスは、緑肥としても利用されますが、花もなかなか美しいので花壇にも利用されます。

花壇に植えた場合でも、花が終わった後はすき込んで緑肥として活用することができます。

栽培したところでは、が、タネが大きく、発芽後の生育もよいので、直播がお勧めです。なお、ルピナスは低温に当たることで花芽をつくりますが、秋に花壇に定植して1月から2月の間、トンネルをしましたが、その程度では開花には影響ありませんでした。

【花の特徴と性質】

草丈

50〜60pほどになります。

名前のとおり黄花で、花穂はラッセルルピナスと比較すると小ぶりです。

耐寒性・耐暑性

高温多湿に弱いので、暖地では夏を越すことが困難です。

学名の説明

Lupinus・・・・・lupus(オオカミ)に由来するローマの植物名から

luteus・・・・・「黄色の」

【主な種類と品種】

ルピナスはこちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

9月中旬〜10月中旬にタネを播きます。遅くなると生育が遅れ、翌春に開花しない場合がありますので、時機を失しないようにします。

直根性のため直播きするか、ポットに播きます。種子が堅く吸水しにくいので、一晩水につけて播くと発芽がよくなります。覆土は5mmほどにします。

直まきの場合は、20〜25cmの間隔で2〜3粒ずつ播き、発芽後、生育状況を見ながら間引きをして、しっかりした苗を1本残します。ポットに直接播く場合も2〜3粒ずつ播きます。発芽後徐々に間引きして丈夫な苗を1本残します。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど混ぜて耕しておきます。

ポットにタネ播きをした場合は、ポットの底に根が回ってきたら花壇やプランターなどに定植します。春までに株をできるだけ大きくしておかないとよい花が咲きませんが、定植が遅れると、株を大きくすることが難しくなります。

花壇に植えつける場合は、堆肥を1u当たり3kgほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。鉢やプランターの用土は、市販の草花用培養土にパーライトを1割程度加えたものを使用します。

キバナルピナスの花

株間

花壇に植える場合は、20〜25pほどにします。60cmのプランターの場合は、3〜4株が目安です。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

花後にタネが付きますので、タネを取る場合を除き、株が弱らないよう早めに取り除きます。

冬の管理

暖地では、本来、霜除けは必要ありません。ただし、厳冬期はトンネルをするなどして霜除けをしてやると、よく生育して春までに充実した株になります。

肥料

肥料は、控えめにします。特にチッソ肥料は控えめにします。

花壇に植える場合は、元肥として化成肥料を1u当たり30gほど施しておきます。

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用の培養土を使用する場合は、培養土に元肥が入っていますので、追肥として液肥を定期的に施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、追肥として液肥を定期的に施します。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。