ラッセリア Russelia equisetiformis

ラッセリアの花
写真 ラッセリア
撮影時期 2008.8.31
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
ラッセリア属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

バクチクソウ
ハナチョウジ

原産地

メキシコ

用途

鉢植え

花期

6〜10月

【ラッセリアについて】

ラッセリアは、葉が退化して茎だけのように見えるところから、非常に特徴があります。木のようには見えませんが、メキシコ原産の常緑低木です。

花は、筒状でベニチョウジによく似ています。耐寒性がないので、通常、鉢植えで楽しみます。

栽培したところでは、丈夫なので、冬の寒さに気をつければ、栽培は容易です。

【花の特徴と性質】

樹高

樹高を伸ばして1メートルを超える株を見たことがありますが、剪定により60〜80cmほどには抑えることができます。

花茎には小さな葉がありますが、それ以外は退化して茎だけになっています。

橙赤色の花が垂れ下がるように咲きます。花色は白やピンクもあります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性は強くありません。

学名の説明

Russelia・・・・・スコットランドの医師で博物学者の Alexander Russell に因みます。

equisetiformis・・・・・「スギナのような」

【主な種類と品種】

橙赤色の花が咲く品種が一般的ですが、白花もあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春から秋に苗や開花株が出ていますので、これを買って育てます。耐寒性が弱いので、通常は、鉢植えで育てます。

ラッセリアは根がよく伸びますので、植えられている鉢が小さいときは、大きめの鉢に植え替えます。用土は、一般の草花用培養土で差し支えありません。

植え替え

植え替えは、毎年もしくは2年に1回は行うようにします。時期は、4〜6月か9〜10月ごろが適期です。

2年経ったものを鉢から抜いてみると、根が鉢いっぱいになっていましたので、できれば毎年植え替えたほうがよいと思います。

ラッセリアの花

置き場所

日当たりのよいところで育てます。日当たりが悪いと花つきが悪くなります。

日常の管理

やや乾燥気味を好みますので、過湿にならないよう、水のやりすぎに注意します。

剪定

放任すると樹形が乱れますので、春先か秋の終わりに伸びすぎた枝や古くなった枝を剪定して樹形を整えます。

冬の管理

耐寒性が弱いので、霜に当てないよう、暖地であれば軒下に、その他の地域は室内に移します。

水やりは、ぐっと控えて乾燥気味にします。冬場に少しぐらい乾燥しても枯れることはありません。

肥料

春と秋に置き肥をするか、2週間に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。