リシマキア Lysimachia spp.

リシマキアの花
写真 リシマキア 'ミッドナイトサン'
撮影時期 2014.5.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

サクラソウ科
オカトラノオ

園芸分類

耐寒性多年草

別名

特にはありません

原産地

北半球

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月〜6月

【リシマキアについて】

日本にも自生するオカトラノオがリシマキアの仲間になります。這性のものや立性のプンクタータなどがよく栽培されています。

いずれも耐寒性は強いですが、耐暑性は品種によって異なります。ですから、暖地で栽培する際、耐暑性を確認して購入した方がよいと思います。

栽培したところでは、品種によって耐暑性が異なり、プンクタータはやや耐暑性が弱く、ヌンムラリア、コンゲスティフォリアなどは耐暑性があり、夏を乗り切っています。

【花の特徴と性質】

リシマキアの花

草丈

立性のものと、地を這うタイプがあります。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性が弱いものもあります。

学名の説明

Lysimachia・・・・・マケドニア王の Lysimachos に由来します。

congestiflora・・・・・ congestus(集積した)+ flora(花)が語源です。

punctata・・・・・「細点のある」、「小点のある」

nummularia・・・・・「平円盤形の」

atropurpurea・・・・・ stro(暗い)+ purpurea(紫の)が語源です。

【主な種類と品種】

春に、園芸店に出てくることは比較的少ないですが、種苗会社のカタログではよく見かけます。

コンゲスティフォリア
L. congestiflora

耐暑性の強い種類で、暖地でも容易に栽培できます。リシマキア・ブロクンベンスとも言います。'ミッドナイトサン' という品種は、小さいブロンズ色の葉が地面を這うように広がるのでグランドカバーとしても利用できます。黄色の花が一面に咲くのでこちらも楽しめます。
そのほか、‘リッシー’(写真中)という品種が出ています。こちらもよく広がります。

プンクタータ
L. punctata

草丈は70p くらい。分枝は少ないですが、夏にきれいな黄色の花が咲きます。耐暑性は弱く暖地では夏は、日陰の涼しいところでないと夏越しが難しいと言えます。(写真下)

ヌンムラリア
L. nummularia

コンゲスティフォリアの品種と同様横に広がり、花径2pほどの黄色の花を株一杯に咲かせます。ただし、暖地では花が咲きにくいようで、私の庭では咲いたことがありません。

アトロパープレア
L. atropurpurea

草丈30〜60pで、リシマキアにはめずらしい濃紫色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

プンクタータなどの品種は、タネが販売されていますのでタネから育てることができます。

発芽適温は20度ほどですので9月中旬〜10月上旬に播き、タネが見え隠れする程度に軽く覆土します。播いた後は、タネが細かいので霧吹きなどで吸水させます。

発芽後、本葉が3〜4枚になったら、ポットや小鉢に植え替えて苗を育てます。

植え場所・置き場所

日当たりは勿論、半日陰地でもよく育ちます。一般的に耐暑性がそれほど強くないので、夏は半日陰の涼しいところで育てます。庭植えもそうした場所を選びます。

植え付け

花壇に植えても、鉢植えでも育てられます。横に広がる品種は、駄温鉢よりも丸型の径の大きなプランターが適しています。

タネを播いて育てた場合は、ポットの底に根が回ったら花壇やプランターなどに定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れ、化成肥料も入れて、庭土を深さ20〜30cmほど耕してから植えつけます。

苗を購入した場合は、鉢やポットに植わっていますので、そのまま花壇に植えてもよいですし、購入した鉢が小さければ、一回り大きめの鉢に植え替えます。

リシマキアの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

30cmほどにします。横に広がるコンゲスティフォリアなどの品種は、もう少し広げて植えてもかまいません。

植え替え

2年に1回程度、3〜4月に株分けを兼ねて植え替えます。秋の10〜11月でも差し支えありません。

コンゲスティフォリアの品種は、鉢やプランターいっぱいに広がりますので毎年植え替えます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、夏場に乾燥させ過ぎないように注意します。地植えの場合も、夏場、晴天が続くときには十分に灌水してやります。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくします。

ふやし方

春に植え替えるときに、株分けをして増やすことができます。ヌンムラリアなどは、横に伸びた茎から根が出ますので、発根した部分を掘り取って別の鉢に植え替えます。

肥料

花壇に植えている場合は、3月と花後に緩効性の化成肥料を与えます。

鉢やプランターは、植えつけ時に緩効性の肥料を与え、生育期に液体肥料を10日に1度程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。