リクニス・ビスカリア Lychnis viscaria

リクニス・ビスカリアの花
写真 リクニス・ビスカリア
撮影時期 2016.4.26
栽培状況 秋播き後、庭植え(2年目)
科名・属名

ナデシコ科
センノウ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ムシトリビランジ

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え

花期

4月

【リクニス・ビスカリアについて】

リクニスは、通常、センノウの仲間をさしますが、スイセンノウアメリカセンノウは別の項目にしましたので、そちらをご覧ください。ここでは、宿根草のリクニス・ビスカリアを取り上げています。

リクニス・ビスカリアは、別名をムシトリビランジといいます。これは、コマチソウ(ムシトリナデシコ)のように花のつけ根に粘つく部分があるためですが、食虫植物ではありません。大変丈夫で、しかも花の美しい宿根草です。

栽培したところでは、タネから播いて育てると定植するまで少し手間がかかりましたが、丈夫ですので栽培は容易でした。

【花の特徴と性質】

リクニス・ビスカリアの花

草丈

草丈は40〜50pほどで、葉は細長く、常緑性です。

長い花茎が伸びてきて、花径2pほどの濃いピンクの小さな花がたくさん咲きます。

一重咲きのほかに八重咲きの品種があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く、育てやすい宿根草です。

学名の説明

Lychnis・・・・・・ギリシャ語の lychnos(炎)に由来します。

viscaria・・・・・「粘着力のある」、「ねばねばする」

【主な種類と品種】

八重咲きの‘ローレプレノ'や‘スプレンデンス’という品種が売られています。


【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

一重咲きの品種は、タネが販売されていますので、タネから育てることもできます。春播きは3月下旬〜4月に、秋播きは9月下旬〜10月中旬に播きます。箱播きにして、覆土は2mm程度にします。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットか小鉢に植え替えて苗を育てます。

秋播きの場合は、翌々年の春によく咲いてくれます。

植え付け

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。

ポットの底に根が回ったら、花壇やプランターなどに定植します。

春か秋に苗が売られていますので、これを買って植え付けると簡単です。ポット苗の場合は、すぐに花壇やプランターなどに植え付けます。植えた翌年は花が咲きませんでしたが、2年目になると株が大きくなって、よく咲くようになります。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

リクニス・ビスカリアの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

植え替え

花壇に植えた株の植え替えは、株分けを兼て3〜4年したら行います。時期は、寒地では春に、暖地では3月中〜下旬又は10月上旬ごろが適しています。

株分けは、掘り上げて3芽ほどに分けるようにします。

鉢やプランターに植えている場合は、2年に1回は植え替えをします。時期や株分けは、花壇の場合とほぼ同様です。

株間

花壇に植えるときは25〜30pほどにします。60cmのプランターの場合は、3〜4株ほど植え付けます。

日常の管理

花が終わったら、伸びた花茎を切り取っておきます。

冬の管理

耐寒性がありますので、暖地では、霜除け等は必要ありません。

肥料

花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢やプランターに植える場合は、市販の草花用の培養土を使用する場合は、培養土に元肥が入っていますので、追肥として液肥を定期的に施します。用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、追肥として液肥を定期的に施します。

病気・害虫

特にないようですが、アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。