ラナンキュラス Ranunculus asiaticus

ラナンキュラスの花
写真 ビクトリア・ストレイン
撮影時期 2007.4.15
栽培状況 庭植え(冬は、農ポリでトンネル栽培)
科名・属名

キンポウゲ科
キンポウゲ属
(ラナンキュラス属)

園芸分類

秋植え球根

別名

ハナキンポウゲ

原産地

中近東、ヨーロッパ南東部

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜4月

【ラナンキュラスについて】

ラナンキュラスは、色鮮やかな花弁の重ねがひときわ厚く、また、大輪の花が咲きますので際立って豪華です。満開となれば、春咲きの花の中でも群を抜くすばらしさです。球根の中で、花の豪華さの点において、この花の右に出るものは、ちょっと見あたりません。

というわけで、一度、この豪華な花をうまく咲かせると、毎年植えずに入られなくなります。それだけの魅力をもった素晴らしい花です。

栽培したところでは、植え付ける時期が遅くなって、充実した株にならなかったことがあります。芽出しをして適期に植えることが肝要です。

【花の特徴と性質】

ラナンキュラスの花

草丈

草丈は30p〜50p程度です。

ひとつの株から、たくさん花茎を伸ばし、その花茎に蕾が何個もつきますので、咲かせる蕾を制限してやると、大輪の花が咲き見事です。

これを怠って、全部咲かせてしまうと花数は多くなりますが、花径が小さくなりラナンキュラス本来の豪華な花が咲きません。

色は、白、黄、ピンク、橙色、赤とそろっていますし、最近は美しい複色花も出回るようになってきました。

耐寒性・耐暑性

秋に植えると年内に葉が出てきますが、霜に当たると傷みます。

学名の説明

Ranunculus・・・・・rana(蛙)の縮小形
※ 美しい花にしてはへんてこな属名ですが、この属の多くが湿地に自生することに由来します。

asiaticus・・・・・「アジアの」

【主な種類と品種】

ビクトリア・ストレイン

ラナンキュラスの定番品種です。草丈は30〜50cmほどで、花茎6〜8cmの重ねの厚い豪華な花です。

アヤリッチ

草丈が25〜30cmとコンパクトで、花茎7〜8cmのボリュームのある花が咲きます。

ドリーマー

草丈が30〜40cmほどで、切り花向きの品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

球根の植え付けは、10月頃が適期で、あまり遅くなると、開花時までに株が十分大きくならず、満足できる花を見ることができません。

レナンキュラスの栽培で、最も気を付けることは、10月頃の暖かい時期に球根をそのまま植え付けると、雨が降った後などに、球根が急速に水分を吸水して腐ってしまうということです。

植えつける際は、事前に、少し湿った砂やバーミキュライトなどを入れたポットに浅く植えて、涼しいところで徐々に吸水させ、葉や根が出て来るのを待って植え付けるようにします。

花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて耕しておきます。芽出しが変わったら、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、緩効性の化成肥料と一緒に庭土とよく混ぜてから植え付けます。

ラナンキュラスの花

鉢植えの用土

市販の球根用培養土又は赤玉土とバーク堆肥を2対1程度に混ぜた用土を使います。

植え付けの深さ

花壇に植える場合は5cmほどに、鉢植えの場合は2〜3cmにします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植えつけます。鉢やプランターも日当たりのよいところに置いて育てます。

株間

球根の間隔は、庭植えで15〜20p程度、鉢植えは8号鉢に5球が目安です。

日常の管理

ラナンキュラスのつぼみをそのまま全部咲かせてしまうと、小さな花ばかりになってしまいます。そこで、一つの花茎につぼみは一つだけにして、細く充実していない花茎のつぼみを全部取ると、大輪の美しい花が咲きます。

冬の管理

春になるまでに、充実した株にしないとよい花は期待できませんので、花壇の植え付けが遅れた場合は、冬の間、農ポリなどでトンネルをするとよい結果が得られます。

また、ラナンキュラスは耐寒性がそれほどないので、庭植えの場合は、霜除けということからもトンネル栽培が一つの方法です。

鉢やプランターは、霜の当たらない軒下などに移します。

ラナンキュラスの花

休眠期の管理

花が終わって、葉が黄色くなってきたら掘り上げて、風通しのよい日陰で保存します。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を施します。暖かくなってくると急速に株が大きくなりますので、花壇に植えた場合は化成肥料を追肥します。

鉢やプランターに植えた場合は、液肥を10日に1回ほど与えます。

病気・害虫

病気は特にありませんが、アブラムシには注意し、見つけ次第駆除しなければ、せっかくの花が萎縮してしまいます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。