リビングストンデージー Dorotheanthus bellidiformis

リビングストンデージーの花
写真 リビングストンデージー
撮影時期 2003.3.14
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬は農ポリでトンネルして霜除け)
科名・属名

ツルナ科
ドロセアンサス属

園芸分類

秋まき一年草

別名

ベニハリ

原産地

南アフリカケープ地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜5月

【リビングストンデージーについて】

リビングストンデージーは、春の定番ともいえる草花で、金属光沢のあるカラフルな花が株いっぱいに咲くと大変美しいものです。

その名前は、アフリカ探検で有名なイギリス人のリビングストンから付けられたものです。

栽培したところでは、タネは細かいですが発芽がよく、育苗も容易ですので、適期に播けばあまり失敗はありません。上の写真は、秋に定植し、冬の間、農ポリでトンネルをして育てたものです。特に、問題なく育ちましたので、暖地の場合は、秋に定植して霜よけをすれば大丈夫かと思います。

【花の特徴と性質】

リビングストンデージーの花

草丈

15pくらいですので、花壇は勿論、プランターなどで育てるのに向いています。

多肉質の肉厚の葉も特徴があります。葉の裏は粉を吹いたように白くなります。

名前のとおりデージーに似ており、色はピンク、紫、橙色、黄色で、花茎が4p前後です。花の中心に蛇の目が入るのが特徴です。

また、日差しを受けると一斉に開花し、日が陰ると閉じる性質を持っています。

いろいろな色の株を花壇に群植するとたいへんきれいですし、株がそれほど大きく拡がりませんので、プランターや鉢植えでも十分に楽しめます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は弱く、冬は霜よけをする必要があります。

学名の説明

Dorotheanthus・・・・・Dorothea(命名者の母親の名前)+anthus(花)が語源です。

bellidiformis・・・・・bellidis(ヒナギク属)+formis(形の)が語源で、「ヒナギク属のような形の」という意味で、花の形を指していると思われます。

【主な種類と品種】

カタログには、各色の混合がタネで販売されています。名前のついた品種としては、クリームイエローの花を咲かせる ‘ルミネット’があります。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

一般的には秋まきとし、ほかの秋播き草花より少し遅い10月上旬〜下旬が適期です。育苗箱やピートバンなどに播き、タネが細かいので覆土はしません。

発芽後、本葉が3〜4枚になったらポリポットに植え替えて、薄めの液肥を与えながら育苗します。

リビングストンデージーの花

植え付け

暖地の場合は、ポットの底にに根が回ったら花壇やプランターなどに植えつけます。

花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100g程度撒いておきます。

寒い地域は、霜の降りる心配がなくなってから、花壇やプランターに植え付けます。

苗を買って育てる場合は、春になれば園芸店などで開花株が売られていますので、それを鉢やプランターなどに植えつけます。

鉢植えの用土

多肉質なので水はけのよいことが大切です。赤玉土、軽石砂、バーク堆肥を5:2:3程度に混ぜた用土などを使います。

株間

15〜20p程度の間隔で植えつけます。65cmの標準のプランターの場合は、3〜4株植え込みます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりがよく、多肉質の葉の形からして水はけがよいところに植えないと十分な成長は望めません。水はけがそれほどよくないところは、高うねにして植えつけます。

プランターや鉢植えの場合は、日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、過湿にならないよう注意します。

花がらをそのままにしておくと株が弱りますので、できれば早めにつみとるようにすれば長く楽しめます。花が次々と咲きますので、案外と面倒な作業ですが忘れずに行いたいものです。

リビングストンデージーの花

冬の管理

霜に当たると傷みますので、秋に花壇に植えた場合、冬は農ポリでトンネルをするなどして霜除けをします。

鉢やプランターに植えつけた場合は、軒下など霜の当たらないところで育てます。

肥料

植え付け時に1u当たり50gの緩効性肥料を施します。鉢やプランターの場合は、春になったら液肥を10日に1回程度与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。