ユスラウメ Prunus tomentosa

ユスラウメの花
写真 ユスラウメ
撮影時期 2015.3.19
栽培状況 庭植え
科名・属名

バラ科
サクラ属

園芸分類

落葉低木

別名

海桃

原産地

中国

用途

庭植え

花期

3〜4月

【ユスラウメについて】

ユスラウメは、3〜4月に咲く花もきれいですが、6月頃に赤く色づく果実が印象に残ります。1本で実がなり、熟すと生食できますが、実が小さいことと、傷みが早いのでほとんど流通することはありません。食用というよりは、もっぱら観賞用に植えられています。

なお、ユスラというのは、韓国名のYi-su-latから転化したものと言われています。子供の頃には、「ゆすって、ゆすって、ユスランメ」と歌いながら、木をゆすって実を集めたような、そんな記憶があります。ずいぶんと昔の話ですが・・・。

栽培したところでは、植えた翌年には思っていた以上に木が大きくなって、3年目の春には、たくさん実がなりそうです。

【花の特徴と性質】

樹高

2mほどになります。

花は、白〜淡桃色の一重の5弁花で、1箇所に1〜2花咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性が強く、全国で植えることができます。

学名の説明

Prunus・・・・・スモモのラテン古名に由来します。

tomentosa・・・・・「ビロード毛のある」

【主な種類と品種】

特に品種名の付いたものはないようです。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

12月もしくは2〜3月頃に植えつけます。土質はさほど選びません。木がすぐに大きくなりますので、鉢植えでは厳しいかと思われます。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ユスラウメの花

植え場所

日当たりを好みますが、半日陰でも育てられます。ただし、日がよく当たるところに植えた方が実付きがよくなります。

日常の管理

実がたくさん付きすぎると木が弱りますので、5月になったら摘果をして果実を減らします。

剪定

剪定はさほど必要なく、自然樹形で育てることができます。行うとすれば、落葉期に伸びすぎた枝を剪定します。

肥料

冬に寒肥として有機質肥料を株の周りに施します。

病気・害虫

オビカレハが発生したら駆除しておきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。