ヤコウボク(夜香木) Cestrum nocturnum

ヤコウボクの花
写真 ヤコウボク
撮影時期 2004.8.7
栽培状況 庭植え
科名・属名

ナス科
ケストルム属

園芸分類

常緑低木

別名

ナイトジャスミン
ヤコウカ

原産地

西インド諸島

用途

庭植え

花期

6〜10月

【ヤコウボクについて】

ヤコウボクは、西インド諸島原産の常緑低木です。花は、それほど見映えがしませんが、夜になって咲く花の香りがすばらしいものです。

夜来香(イエライシャン)と間違えられることがありますが、夜来香はガガイモ科の別の植物です。ヤコウボクの英名はナイトジャスミンです。

栽培したところでは、耐寒性は強くありませんが、庭植えで冬を越していました。

【花の特徴と性質】

樹高

2mほどにはなりますが、剪定して育てれば低く抑えることができます。

花は黄白緑色で、夜になって咲きます。(写真は夕方のものです。)

たくさん咲きますが細長く小さいのであまり目立ちません。この花の特徴は夜になって咲く香りがたいへんによいことです。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、耐寒性は弱いです。

学名の説明

Cestrum・・・・・(※ 不詳)

nocturnum・・・・・「夜の」、「夜咲きの」

【主な種類と品種】

品種名のついたものはなく、夜香木として売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

西インド諸島原産で耐寒性があまり強くないので、植えつけは春が適当です。関東以西の暖地では庭植えができますが、それ以外の地域は、鉢植えにします。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭植えにするときは、北風の当たらない南向きの日当たりのよいところを選びます。もっとも、半日陰でもよく花を付けます。

鉢植えは、春から秋は戸外の日当たりのよい場所に置きます。

植え替え

鉢植えの場合は、毎年植え替えないと根詰まりになります。

剪定

伸びすぎた枝は適宜剪定してやります。

冬の管理

関東以西の暖地では庭植えができますが、強い霜に当たると枯れてしまうことがあります。ですので、寒さの厳しいときは霜除けをした方が安心です。軽い霜程度なら、葉を落とすものの翌春には芽を吹いてきます。

鉢植えは、霜の当たらない軒下に置きます。寒さが気になるなら室内に取り込みます。

ふやし方

挿し木で増やすことができます。

肥料

庭植えの場合は、それほど肥料を与えなくても毎年よく花が咲いてくれます。

鉢植えの場合は、春から秋まで緩効性の化成肥料を定期的に置き肥します。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。