ヤナギバルイラソウ Ruellia brittoniana

ヤナギバルイラソウの花
写真 ヤナギバルイラソウ
撮影時期 2004.8.29
栽培状況 庭植え
科名・属名

キツネノマゴ科
ルイラソウ属

園芸分類

半耐寒性宿根草又は小低木

別名

ルエリア・スクアローサ
コモン・ルエリア

原産地

熱帯アメリカ、アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

7〜8月

【ヤナギバルイラソウについて】

ヤナギバルイラソウは、大変丈夫な宿根草で、夏になると、ナス科の花のような青紫の花が咲いているところをよく見かけます。特に、花の少ない真夏にもよく咲くので、印象が強いのかもしれません。

繁殖力が強く、道路脇に広がってたくさん咲いているほどです。

花が似ているところからムラサキルエリアと間違われることがありますが、こちらの方が葉が細長いので見分けが付きます。

栽培したところでは、あまりに丈夫で、増えすぎるほどです。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は50pほどです。

ナス科の花のような青紫の花が咲きます。一輪の花の寿命は一日ですが次々と開花します。

耐寒性・耐暑性

ルイラソウ属は一般的に耐寒性がありませんが、ヤナギバルイラソウは耐寒性があり香南市周辺では露地で越冬します。ただし、暖地以外では困難かもしれません。

学名の説明

Ruellia・・・・・フランスの植物学者リュエレ(Jean de la Ruelle)に因みます。

brittoniana・・・・・19世紀のアメリカの植物学者 Nathaniel Lloyd Britton に因みます。

【主な種類と品種】

ルイラソウ属の中では、ムラサキルエリアを見かけることがあります。花がよく似ていますが、本種の葉は細長いので見分けが付きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

繁殖力がありすぎるのか、園芸店やホームセンターなどでは、ほとんど見かけません。通常は、株分けしたものを植えつけますが、時期としては春が適当です。

花壇に植えるときは、深さ20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ヤナギバルイラソウの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使いますが、用土はそれほど選びません。

植え替え

鉢植えは、毎年植え替えます。庭植えは、株が混みあってきたら株分けを兼ねて植え替えます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

夏に花が咲きますので、鉢植えは水切れさせないように注意します。

冬の管理

耐寒性が強く、関東以西の暖地では戸外で冬を越します。

ふやし方

株分けで増やすのが簡単です。

肥料

丈夫ですので、庭植えの場合はほとんど必要ありません。鉢植えの場合は、2月に1回程度少し置き肥してやる程度でよいと思います。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。