ユッカ Yucca spp.

ユッカの花
写真 アツバミガヨラン
撮影時期 2009.5.20
撮影場所 高知市にて
科名・属名

リュウゼツラン科
ユッカ属
(イトラン属)

園芸分類

常緑多年草(低木)

別名

ユッカラン

原産地

北アメリカ

用途

庭植え

花期

5〜6月、11月

【ユッカについて】

ユッカは、リュウゼツラン科の常緑低木で、関東以南の暖地では庭植えができます。一般に植えられているのはアツバキミガヨラン(ユッカラン)とイトランで、いずれも長い花茎を伸ばして、白い花がたくさん咲きますので、とても見栄えがします。

独特の姿からして、洋風の庭に適しているように思われますが、公園などでもよく見かけます。

これまでスペースの関係で断念していましたが、何とか植えるところを工面して、アツバキミガヨランの園芸品種の‘ブライトスター'を植えたばかりです。栽培したところでは、生育がゆっくりで開花まではしばらく時間がかかりそうです。

【花の特徴と性質】

草丈

1〜2mほどになります。

写真のように長く大きな花茎を伸ばして、たくさんの白い花が下向きに咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が強く暖地のみならず、一般地でも越冬が可能です。

学名の説明

Yucca・・・・・ ハイチの現地語に由来します。

filamentosa・・・・・「糸状の」

gloriosa・・・・・「すばらしい」

【主な種類と品種】

アツバキミガヨラン
Y. gloriosa

剣形で、分厚い葉をしていて、先に鋭い棘があります。別名をユッカランとも言います。

‘ブライトスター'
‘Bright Star' 

アツバキミガヨランの園芸品種で、葉に黄班が入ります。花はピンクのつぼみで開花すると白花になります。そのほかに、‘ブライトエッジ’という斑入りの品種も出回っています。

イトラン
Y. filamentosa

葉の縁が剥げて、白い糸のようになることからその名がついています。

青年の木
Y. elephantipes

耐寒性がないので観葉植物として、室内で鉢植えで栽培されています。

【育て方と栽培のポイント】

ここでは、アツバキミガヨランの系統について説明しています。

植え付け

株が大きくなりますので、庭植えになります。鉢植えには向いていません。植え付けの適期は5月頃です。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ユッカの花

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

日当たりに植えないと花付きが悪くなります。強健ですので、土質を選びません。

日常の管理

古葉をそのままにしておくと見苦しいので取り除いておきます。

また、花が終わった花茎は早めに取っておきます。

冬の管理

耐寒性がありますので、関東以西の暖地では霜除け等は必要ありません。

ふやし方

繁殖は株分けが可能です。

肥料

それほど必要としません。春と秋に緩効性の肥料を株元にまいておきます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。