ユウゼンギク(友禅菊) Aster novi-belgii

ユウゼンギクの花
写真 ユウゼンギク
撮影時期 2011.6.4
栽培状況 開花株購入
科名・属名

キク科
アスター属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

ニューヨークアスター
ミケルマスデージー

原産地

北米

用途

庭植え

花期

6〜11月

【ユウゼンギクについて】

ユウゼンギクは宿根アスターの仲間で、園芸店などでは一般に、草丈の低いものが売られています。「友禅菊」という名前ですので日本原産のものが品種改良されたものと思いがちですが、そうではなく、北米原産のものが品種改良された品種群で、別名をニューヨークアスターあるいはミケルマスデージーとも呼ばれます。

ところで、このユウゼンギクとクジャクアスターは、非常によく似ていていますが、実際のところ、花だけ見ても違いは、よくわかりません。

クジャクアスターという固有種はなく、一般的に、宿根アスターの品種改良されたもののうち、草丈の高いものをクジャクアスターとているようです。(孔雀というからには、そのイメージからして、草丈が高くなければ格好がつきませんので。)

それに対して、草丈の低いものをユウゼンギクとしていることが多いようです。いづれにせよ、紛らわしいので単に宿根アスターとしてまとめるべきかもしれません。

それはそうと、暑さ寒さに強く土質も選ばず、ウドンコ病に気をつければ、つくりやすい宿根草です。

【花の特徴と性質】

ユウゼンギクの花

草丈

鉢花用のものとしては、草丈が20〜30pほどのものがよく売られています。中には50cmを超すものもユウゼンギクとして販売されています。

花径3〜4pほどで、花色は紫青、紫紅、紅、桃、白などです。出回っている品種は半八重の品種が多いようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強く、露地で越冬します。

学名の説明

Aster・・・・・・ラテン語の astrum(星)が語源です。

novi-belgii・・・・・「ニューヨークの」

【主な種類と品種】

色別にユウゼンギクあるいはミケルマスデージーとして園芸店で売られています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

秋か春、いずれでも植えつけできます。草丈がそれほど高くならないものが多く、これらは鉢植えにも適しています。

タネからも育てることができます。以前に国華園で販売されていました。タネから育てて2年目の開花が写真中です。

ユウゼンギクの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

日当たりのよい場所に植えつけます。

株間

かなり大きな株になりますので30pほどにします。

植え替え

生育が旺盛なので、庭植えの場合は3年ほどしたら株分けを兼ねて植え替えをします。鉢植えの場合は、できれば毎年植え替えるようにします。

日常の管理

6月頃に一度摘芯をすると、草丈を低く抑えることができますので、ぜひ行うようにしてください。また、秋に葉が枯れたら地際から刈り込みます。

ふやし方

株分けの他、挿し芽でも増やすことができます。

肥料

多肥にすると、徒長して草姿が悪くなります。

庭植えの場合はほとんど肥料は必要ありません。鉢植えの場合は、生育期には2か月に1回程度の割合で緩効性肥料を施します。

病気・害虫

ウドンコ病に弱いので注意します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。