ヤブラン Liriope platyphylla

ヤブランの花
写真 斑入りヤブラン
撮影時期 2001.9.15
撮影場所 (旧)土佐寒蘭センターにて
科名・属名

ユリ科
ヤブラン属

園芸分類

常緑宿根草

別名

リュウキュウヤブラン

原産地

日本、台湾、中国

用途

庭植え

花期

9月

【ヤブランについて】

ヤブランは、日本では関東地方以南に自生する常緑性の宿根草で、花壇の縁取りなどによく利用されています。斑入りの品種があって、こちらの方がよく栽培されています。花もなかなか魅力があります。

上の写真を撮したのは土佐寒蘭センターですが、このセンターは寒蘭だけでなく周辺にいろいろ植栽をしていましたが、だいぶ以前に閉館になってしまいました。

栽培したところでは、耐寒性、耐暑性があって丈夫なので、庭に植えっぱなしにできます。

【花の特徴と性質】

草丈

草丈は、20〜40p程度です。

写真のように、葉の間から花径がたくさん伸びて、小さな淡紫の花が穂状に咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Liriope・・・・・ギリシャ語の leirion(ユリ)+ opsis(・・・に似た)が語源です。

platyphylla・・・・・ギリシャ語の platy(広い、平らな)+ phyllus(葉の)が語源です。

【主な種類と品種】

栽培されている品種は、斑入りの品種が多いようです。最近では、種苗会社のカタログでもリリオペとして白花などいくつかの品種が出ています。

同じ仲間にスイショウランがあり、こちらもよく栽培されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

丈夫な宿根草ですので、3〜6月又は9〜11月の間であればいつでも植えつけできます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

15〜30cmほどにします。当然のことながら、間隔を広くとると最初は少し寂しいですが、その分植え替えの手間が省けます。

植え場所・置き場所

環境適応力があり、日当たりから日陰地まで植栽が可能です。ただし、日陰地に植えると、花付きは悪くなります。

鉢やプランターの場合は、水やりの手間を考えると半日陰がよいですが、日当たりや日陰地においても大丈夫です。

植え替え

庭に植えた場合は、数年間は植えっぱなしにできます。株が混みあって来たら、株分けを兼ねて植え替えます。

鉢やプランターに植えた場合は、2〜3年たつと根詰まりしてきますので、株分けを兼ねて植え替えをします。

日常の管理

庭に植えた場合は、ほとんど手間がかかりません。ただし、春になって新芽が出る前に、古い葉を株元から切り取っておきます。

鉢やプランターに植えた場合は、夏場、乾きすぎないようにします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、関東以西の暖地では霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらないところに置き、水やりは少なくします。

ふやし方

株分けで増やすことができます。

肥料

庭に植えた場合は、特に必要ありません。鉢やプランターに植えた場合は、3月と10月に固形肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。