ユキノシタ Saxifraga stolonifera

ユキノシタの花
写真 ユキノシタ
撮影時期 2003.5.22
撮影場所 高知城にて
科名・属名

ユキノシタ科
ユキノシタ属

園芸分類

半常緑性宿根草

別名

(特にありません)

原産地

本州以西

用途

庭植え

花期

5〜6月

【ユキノシタについて】

ユキノシタは、ダイモンジソウの近縁種で、湿り気の多い半日陰の場所を好みます。高知城の北側の石垣にもよくユキノシタが生育していましたが、石垣にびっしりとユキノシタの花が咲いたところはなかなか壮観でした。また、落ち着いた感じが、城の景観とマッチしていました。

和名のユキノシタは、花を白い花を雪に見立て、花(雪)の下に緑の葉があるところからきているという説があります。

【花の特徴と性質】

草丈

ほふく性で、ランナーを伸ばして増えます。葉はなんとなくベゴニアに似ているように思いますが、表は緑色で裏は赤みを帯びています。

5月頃に花茎が伸びて白の花が咲きます。写真のように、花弁の2枚は大きく上の3弁は小さく斑点が入ります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Saxifraga・・・・・saxum(石)+ fragere(砕く)が語源です。

stolonifera・・・・・「匍匐茎のある」 ※匍匐茎とは、地上近くを這って伸びる茎のことです。

【主な種類と品種】

品種は特にありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどにはあまり顔を出すことはなかったと記憶しています。春又はと秋にランナーの子株を取って植えつけます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3〜4割のバーク堆肥(腐葉土)を入れて、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

ユキノシタの花

植え場所・置き場所

耐陰性が強く、家の北側などあまり日当たりがよくない場所にも向いています。乾燥した場所は避け、湿り気味の場所に植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合は、秋から春は半日陰程度でもかまいませんが、夏は日陰に置くようにします。

日常の管理

乾燥を嫌いますので、鉢やプランターに植えている場合は、乾燥させすぎないよう水やりに注意します。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。

ふやし方

春又はと秋にランナーの子株を取ってふやすことができます。

肥料

肥料は、基本的に不要です。

病気・害虫

ナメクジに葉を食べられることがあります。専用の薬剤を株の周囲に撒くなどして食害を防ぎます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。