ムレスズメ Caragana chamlagu

ムレスズメの花
写真 ムレスズメ
撮影時期 2005.4.9
栽培状況 庭植え
科名・属名

マメ科
ムレスズメ属

園芸分類

落葉低木

別名

(特にありません)

原産地

中国

用途

庭植え

花期

4月

【ムレスズメについて】

ムレスズメは、中国北部が原産で、江戸時代には渡来したと言われています。下向きの花が枝にたくさん咲いている様子がスズメが群れて止まっているのに似ているところから、その名前がついています。

春に咲く花としては多少地味ではありますが、丈夫で手間がかかりません。

栽培したところでは、庭植えにしたところ、あちこちから芽が出て少々困ってしまいました。

【花の特徴と性質】

樹高

樹高は1mほどで、叢生します。

長さ2pほどの黄色の花で、次第に赤みを帯びていきます。枝から下向きに花をつけます。

耐寒性・耐暑性

比較的強いですが、寒地での栽培は難しいようです。

学名の説明

Caragana・・・・・この属に付けられたモンゴル名の caragon が語源です。

chamlagu・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

特にありません。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

10〜11月か3月に植え付けます。繁殖力が非常に強いので、庭に植えるときは、増えすぎて困ることのないよう場所を考えて植えつけます。それほど、大きくなることはないので、鉢植えでも十分に育てることができます。

ムレスズメの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

剪定

剪定は花後に行います。その際、鋭いトゲがありますので注意が必要です。

ふやし方

繁殖は株分け増やすことができますし、根のついたヒコバエを取って植え付けることもできます。

肥料

庭植えは、まず、必要ありません。

鉢植えの場合は、春先に緩効性の肥料を与えておく程度で、多肥にする必要はありません。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。