モモバキキョウ Campanula persicifolia

モモバキキョウの花
写真 ‘タキオンブルー’
撮影時期 2017.5.21
栽培状況 秋播き後、庭植え
科名・属名

キキョウ科
カンパニュラ属
(ホタルブクロ属)

園芸分類

宿根草

別名

カンパニュラ・パーシシフォーリア

原産地

コーカサス・小アジア地方

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【モモバキキョウについて】

モモバキキョウは、キキョウという名が付いているものの、キキョウと同じ属ではなく、ホタルブクロ属の宿根草です。

これは、カンパニュラ属(ホタルブクロ属)の仲間ではあるものの、つり鐘状の花の形がキキョウに、葉がモモの葉に似ているところからその名前がついたものと思われます。

栽培したところでは、タネから育てる場合、秋播きでは翌春に開花させることが難しかったですが、上の写真の‘タキオンブルー’は、秋播きにして育てたところ、よく咲いてくれました。

タネから育てるのが面倒な場合は、秋に苗を買って植えれば十分に花を楽しめます。

【花の特徴と性質】

モモバキキョウの花

草丈

60〜100pほどになります。

花径は3pほどで、花色は淡紫青色か白色です。

耐寒性・耐暑性

どちらかと言えば寒冷地向きの宿根草で、耐寒性は強いですが耐暑性はそれほど強くありません。

暖地の場合、庭植えで開花した株の夏越しは難しく二年草扱いになろうかと思います。

学名の説明

Campanula・・・・・ campana(鐘)の縮小形

persicifolia・・・・・「モモのような葉の」

【主な種類と品種】

タネは単にモモバキキョウとして売られていますが、苗では次のような品種が出ています。

‘チャトルチャーム’

ライトブルーの覆輪花で、草丈60〜70pほどです。

‘フランシス’

淡青色の八重咲き種です。

‘タキオンブルー’

モモバキキョウの園芸交配種のようですが、秋播きでよく開花します。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

タネから育てる場合は、3月下旬〜4月ごろに播きます。秋まきにすると開花は翌々年になります。

育苗箱に播き、タネが見え隠れするほどにわずかに覆土します。微細種子なので、底面吸水か霧吹きで用土が乾かないようにします。

発芽後、本葉が2〜3枚になったらポットや小鉢に植え替えて、育苗します。

植え付け

タネを播いて育てたときは、ポットに根が回ったころに定植します。

酸性土壌を嫌いますので、花壇に植える場合は、植えつけ前に苦土石灰を1u当たり100gほど撒いて、庭土とよく混ぜておきます。1週間ほどしたら、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を1u当たり50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

秋や春先に苗が園芸店などで売られていますので、これを買って育てると簡単に花を楽しむことができます。ほとんどの場合、ポットに植わっていますので、早めに花壇やプランターなどに植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

モモバキキョウの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

株間

20pほどにします。

日常の管理

草丈が高くなり、開花時には倒伏しやすくなるので、必要な場合は支柱を立てます。

花後には、花茎を早めに切り取ります。また、大株になると蒸れで株が弱りますので、2〜3年に一度、秋に株分けをします。ただし、暖地の場合は、開花した株の夏越しは難しいです。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

肥料

鉢やプランターに植える場合は、元肥として緩効性の化成肥料を与えます。追肥は春になって茎が立ち上がり始めたときに化成肥料を与えます。

病気・害虫

ハダニやアブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。