ミセバヤ Hylotelephium sieboldii

ミセバヤの花
写真 ミセバヤ
撮影時期 2014.9.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ベンケイソウ科
ムラサキベンケイソウ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

日本

用途

庭植え、鉢植え

花期

9〜10月

【ミセバヤについて】

ミセバヤは、とても丈夫で、鉢やプランターはもちろん、水はけがよいところであれば庭植えでも栽培ができます。花もなかなか魅力がありますので、鉢植えや庭植えなどに利用されています。

また、ヒダカミセバヤも園芸店などでもよく見かけます。

栽培したところでは、多肉植物の仲間は過湿が苦手ですが、ミセバヤは特に過湿にしない限り株が傷んだりすることはなく、小さなプランターに株がいっぱいになっています。

【花の特徴と性質】

草丈

25〜30pほどですが、ヒダカミセバヤは矮性で10〜15pほどです。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性とも強く丈夫です。

学名の説明

Hylotelephium・・・・・ギリシャ語の hyle(森)+ telephium (多肉の)が語源です。
※ 日陰を好むことに由来します。

sieboldii・・・・・シーボルトに因みます。

cauticolum・・・・・「崖に生育する」

【主な種類と品種】

ミセバヤ
H. sieboldii

小さなピンクの花が集まって球状咲きます。花茎が下垂しますので吊り鉢にしても楽しめます。

ヒダカミセバヤ
H. cauticolum

北海道の日高地方の原産ですが、丈夫で暖地でも栽培できます。花は球状には咲きませんが矮性で、鉢植えなどに最適です。

エッチュウミセバヤ
H. sieboldii var.ettyuense

富山県の原産で、ピンクの花が球状に咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ミセバヤは、鉢植えはもちろん、庭植えもできます。いずれの場合も、植えつけは春に行いますが、ポット苗であれば秋でも差し支えありません。

ポット苗を手に入れたら、早めに鉢やプランターに植えるか、庭植えにします。

ミセバヤの花

鉢植えの用土

鉢やプランターに植える場合は、鹿沼土と軽石を主体にした水はけのよい用土に植えつけます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。水はけが悪いと、根腐れしやすいので注意します。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

梅雨時は雨がかからないところに移した方が安全です。

植え替え

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回を目安に、株分けを兼ねて植え替えます。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、年間を通じて、やや乾燥気味に管理します。

秋も終わりごろになると、地上部が枯れて新しい芽が顔を出してきますので、枯れた茎は地際で切り取っておきます。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

ふやし方

挿し芽もできますが、植え替え時に株分けで増やすのが簡単です。

肥料

花壇に植えた場合は、肥料は特に必要ありません。

鉢やプランターに植えた場合は、春と秋に緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

過湿にさえ注意すれば、特に問題はありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。