ミンティア Hesperozygis

ミンティアの花
写真 ミンティア
撮影時期 2009.5.2
栽培状況 鉢植え
科名・属名

シソ科
ヘスペロジギス属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にはありません)

原産地

用途

鉢植え

花期

5月〜10月

【ミンティアについて】

ミンティアは、サントリーフラワーズが育成した植物です。写真のように花も楽しめますが、こんもりとした形が美しいので観葉植物としての利用価値もあります。

葉にはミントの香りがします。

栽培したところでは、梅雨時に、雨に打たれて過湿になり、その後枯れてしまいました。多湿に弱いようです。

【花の特徴と性質】

草丈

写真の株で15pほどですので、刈り込みをして育てれば20pほどで栽培できそうです。

小さな筒状の花で、花色にはパープルとブルーがあります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性があります。また、耐寒性も比較的あります。軒下に置いてありましたが寒さに傷むこともありませんでした。

学名の説明

Hesperozygis・・・・・

・・・・・

【主な種類と品種】

パープルとブルーの品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春先に苗が売られていたように思いますが、ポット苗はいつでも植え付けできます。

ミンティアの花

置き場所

日当たりのよいところで管理しますが、多湿に弱いので、雨のかからないところが適しています。また、夏は半日陰に置くようにします。

日常の管理

枝があまり伸びず、摘心の必要もないので手間もほとんどかかりません。形が乱れてきたら、軽く刈り込みをして形を整えます。

肥料

生育期間中は、液肥を適宜与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。