トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

フレンチ・マリーゴールド Tagetes patula

フレンチ・マリーゴールドの花
写真 'サファリミックス'
撮影時期 2009.6.28
栽培状況 春まき後、庭植え
科名・属名

キク科
タゲテス属

園芸分類

春まき一年草

別名

クジャクソウ

原産地

メキシコ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6〜11月

【花の印象など】

フレンチ・マリーゴールドは、アフリカン・マリーゴールドと比較すると花がやや小さいのですが、花つきが多く、花色が豊富です。もっとも、最近は、アフリカン系とフレンチ系の交配種もあり、見分けが難しくなっています。

アフリカンと同様、タネから育てても、最も栽培の容易な草花のひとつで、長い間楽しめます。

なお、フレンチ・マリーゴールドといっても、原産地はフランスではなく、アフリカン・マリーゴールドと同様メキシコ原産です。フランスに導入されて、その後、各地に広がったので、この名前で呼ばれています。

栽培したところでは、アフリカン系と同様、タネから育てても栽培はきわめて簡単でした。

【花の特徴と性質】

フレンチ・マリーゴールドの花

草丈

(主な種類と品種を参照してください。)

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

この花の最大の特徴は、とにかく花期が長く、初夏から霜が降りるまで咲き続ける点です。そして、暑さに負けてしまう草花が多い中で、マリーゴールドは夏の高温多湿に強い点も大きな利点です。

学名の説明

Tagetes・・・・・ギリシャ神話に登場する女神 Tages に由来します。

patula・・・・・「わずかに開いた」

【主な種類と品種】

サファリミックス

草丈40cmほどで、フレンチ系としては大きめの花が咲きます。花色は多彩です。

ボナンザミックス

草丈30cmほどです。花径5cmほどの中輪で、こちらも花色は多彩です。

ディスコミックス

草丈30cmほどで、花径4cmの一重の花です。

【育て方と栽培のポイント】

育て方は、アフリカン種とほぼ同様です。

フレンチ・マリーゴールドの花

タネ播き

花期が長いので、無理に早く播く必要はありません。発芽温度が高いので、暖地でも4月中旬以降に播いた方が安全です。覆土は5mm程度にします。

箱播きが一般的ですが、ポットに直接播いて育苗することもできます。

植え付け

本葉が6〜7枚になったころに定植します。

植えつけ時に、堆肥を1u当たり3〜5kgほど入れて、庭土とよく混ぜてから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植える場合は。アフリカン種よりは多少間隔を詰めて、20〜25p程度にします。標準のプランターの場合は、3〜4株を目安にします。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところなら土質は選びません。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

夏に、乱れた草姿を半分ぐらいに切りつめてやれば、秋から初冬まで咲いてくれます。

フレンチ・マリーゴールドの花

長く楽しむためには、株を弱らせないよう、また、花壇やプランターをいつまでもきれいに保つため、咲き終わった花をこまめに切り取ってやることが大事です。

肥料

化成肥料を1u当たり50gほど施します。チッソ肥料が多すぎると、徒長して花付きが悪くなりますので注意します。花期が長いので、月に1回程度株元に追肥します。

病気・害虫

気になるような病害虫は特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。