トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

ベニゲンペイカズラ Clerodendrum x speciosum

ベニゲンペイカズラの花
写真 ベニゲンペイカズラ
撮影時期 2015.11.21
栽培状況 鉢植え
科名・属名

クマツヅラ科
クレロデンドルム属

園芸分類

非耐寒性常緑低木

別名

特にありません

原産地

園芸種

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜11月

【ベニゲンペイカズラについて】

ベニゲンペイカズラは、ゲンペイカズラとベニバナクサギの交配でつくられた園芸種です。どちらも耐寒性が弱いので、ベニゲンペイカズラも耐寒性はありません。

栽培したところでは、大変丈夫で、よく育ちます。鉢植えを花壇に置いてあったところ、鉢底から根が伸びて、庭植えと変わらない状況になっていました。花はなかなか魅力があり、遅くまで花が咲いています。

【花の特徴と性質】

樹高

ツルは、1.5mほどになるようですが、鉢植えで育てたところ1mほどになっています。

萼は淡い紅色で、花径2cmほどの濃い紅色の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

寒さに弱いので、冬の間、よく日の当たる室内に取り込む必要があります。

学名の説明

Clerodendrum・・・・・cleros(運命)+ dendron(樹木)が語源です。
※ この属の木が呪術に使われていたことに由来します。

speciosum・・・・・「美しい」、きれいな」

【主な種類と品種】

ゲンペイカズラは、こちらをご覧ください。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

丈夫な花木ですが、耐寒性が弱いので、通常は鉢植えで育てます。

5月ごろになると園芸店に顔を出しますので、これを買って育てます。植えられている鉢が小さい場合は、根鉢をあまり崩さないようにして一回り又は二回りほど大きな鉢に植えつけます。

ベニゲンペイカズラの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

日当たりのよいところに置きます。夏も日当たりのよいところでも、さして問題はありませんが、半日陰の方が水やりの回数が多少少なくなります。

植え替え

鉢植えの場合は、鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に、5月ごろに植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、株分けをするか、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

通常の栽培では、ツルがどんどん伸びて支柱に巻き付くというほどにはなりませんが、そのままだと木が倒れてしまうので、アンドン型の支柱を立てておきます。

剪定

放任すると樹形が悪くなりますので、花後に思い切って剪定をします。

冬の管理

12月以降、気温が下がってくるにつれ水やりの回数を控えて、乾燥気味に管理します。

肥料

元肥として、緩効性肥料を10〜15g程度与え、後は、月1回程度置き肥をするか、液肥を月2〜3回程度与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。