ベルセミア Veltheimia spp.

ベルセミアの花
写真 ベルセミア・ブラクテアータ
撮影時期 2016.4.6
栽培状況 鉢植え(冬は室内で栽培)
科名・属名

ユリ科
ベルセミア属

園芸分類

秋植え球根

別名

ベルセイミア

原産地

南アフリカ

用途

鉢植え

花期

3〜4月

【ベルセミアについて】

ベルセミアは、南アフリカ原産の半耐寒性の秋植え球根で、トリトマに似たような花が咲きます。あまり栽培されることはありませんが、国華園のカタログにブラクテアータが出ていたので育てましたが、やや乾燥気味に育てれば、栽培はごく簡単でした。

栽培したところでは、10月に植えてから、しばらくは全く動きがありませんが、11月になって葉が見えだすと、急速に葉が展開し、12月には中心に花芽が見え始めました。

それから花茎がゆっくりゆっくり伸び始め、最終的には60cm近くまで伸びました。花茎に斑点がでてきますが、おもしろいことに花弁の外側にも斑点が出てきます。

植え替えをしませんでしたので、二年目からは8月下旬に葉が伸び始めています。

【花の特徴と性質】

草丈

20〜30cmほどです。花径は60cm近くになります。

筒状の花で、花穂はトリトマに似ています。

耐寒性・耐暑性

半耐寒性で、霜に当たると傷んでしまいます。夏は休眠します。

学名の説明

Veltheimia・・・・・18世紀ドイツの植物学の支援者ベルセイム(August Ferdinand Graf von Veltheim)の名前に因みます。

capensis・・・・・南アフリカの「ケープ地方の」

bracteata・・・・・「包葉のある」、「包のある」

【主な種類と品種】

カペンシス
V. capensis

光沢のある波状の葉が長く伸びて花が咲きます。花はサーモンピンクが一般的です。

ブラクテアータ
V. bracteata

葉はそれほど長く伸びず、ユーコミスに似た印象です。ピンクの花が咲く種類とレモン色の‘レモンフレーム'が販売されています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

半耐寒性で、寒さにやや弱いので鉢植えで育てます。植えつけ時期は9月〜10月上旬頃が適期です。植える鉢の大きさは7号鉢に1球が目安です。

鉢植えの用土

鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥を4:4:2程度にした用土に植えていますが、特に問題なく育っています。

ベルセミア

植え付けの深さ

少し球根の上部が少し見える程度の浅植えにしています。

置き場所

日当たりのよいところで育てます。冬は室内に移します。

日常の管理

過湿を嫌いますので、やや乾燥気味に育てます。

冬の管理

関東以西の暖地では、霜の当たらない軒下であれば大丈夫かと思いますが、室内に入れた方が安心です。冬の間も花茎は伸びていきますので、乾燥気味にして水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

休眠期の管理

初夏になると完全に休眠しますので、植え替えない場合は、鉢に植えたままにしておくと、早ければ夏の終わり頃には芽を出してきます。

植え替えるときは、掘り上げて秋の植え付け時まで保存してもかまいませんし、鉢に植えたまま水やりを中止して、雨の当たらないところに置いて植え替え時まで保存します。

ふやし方

ベルセミアは、なかなか分球しないようです。球根の値段が高いのもそのせいかと思います。

タネを播いて育てることもできそうですが、開花まで相当時間がかかりそうです。

肥料

植えつけ時に、元肥として緩効性の化成肥料を与え、花後に化成肥料を置き肥します。

病気・害虫

特にはなさそうです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。