ベロペロネ Justicia brandegeana

ベロペロネの花
写真 ベロペロネ・グッタッタ
撮影時期 2000.6.25
撮影場所 野市町にて
科名・属名

キツネノマゴ科
キツネノマゴ属

園芸分類

常緑低木

別名

コエビソウ

原産地

メキシコ

用途

庭植え、鉢植え

花期

4〜9月

【ベロペロネについて】

ベロペロネは、とてもユニークな花が咲きますが、花のように見えるのは苞の部分です。その形がエビによく似ているのでコエビソウという和名がついていますが、まさにその名のとおりだと思います。

丈夫で育てやすいので、町内でもよく見かけます。

栽培したところでは、比較的耐寒性があり庭植えで冬を越しています。

【花の特徴と性質】

ベロペロネの花

樹高

1mほどになります。

エビのように見えるのは花ではなく苞の部分です。苞が赤と黄の品種があります。

耐寒性・耐暑性

耐暑性が強く高温を好みます。耐寒性も比較的強く、暖地では露地で越冬できます。

ただし、冬は、地上部が寒さで枯れこみますが、春になると新芽が伸びてきます。

学名の説明

Justicia・・・・・18世紀のスコットランドの植物学者 James Justice に因みます。

brandegeana・・・・・20世紀のアメリカ合衆国の植物学者 Townshend Stith Brandegee に因みます。

【主な種類と品種】

ベロペロネ・グッタッタ

苞が赤くなる品種で、こちらの方が多く栽培されているようです。

ベロペロネ・イエロークイーン

苞が黄色の品種です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐寒性がやや弱いので、関東以西の暖地では庭に植えても、鉢でも栽培できますが、それ以外の地域では鉢植えにで育てます。

4月下旬〜5月上旬が植えつけの適期です。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ベロペロネの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

庭に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

植え替え

鉢植えの場合は、鉢が小さいときは毎年、大きい鉢に植えているときは2年に1回を目安に植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し古い土を落として植え替えます。

日常の管理

やや乾燥気味に管理し、過湿は避けるようにします。

春に枝が伸びてきたら、摘芯をして、脇芽を多く出させるようにします。そうすると締まった株になり花もよく咲きます。

冬の管理

花壇に植えた場合も、強い霜が降りそうなときは霜除けをした方が安心です。霜が当たって枯れこんだ枝は、株元から切り取っておきます。

鉢やプランターに植えた場合は、霜の当たらない軒下などに移し、水やりは控えめにします。

ふやし方

さし木で増やすことができます。5〜10cmくらいに切った枝をさし穂として、バーミキュライトなどに挿します。適期は5〜7月、9〜10月です。

肥料

花壇に植えたときは、4月ごろに緩効性の肥料を株元に撒いておきます。

鉢やプランターに植えた場合は、植え付け時に緩効性の肥料を与え、後は月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。