ヘリクリサム・カッシニアナム Helichrysum cassinianum

かんざし姫の花
写真 ‘かんざし姫'
撮影時期 2006.3.19
撮影場所 開花株購入
科名・属名

キク科
ヘリクリサム属

園芸分類

秋まき一年草

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

【ヘリクリサム・カッシニアナムについて】

ヘリクリサム・カッシニアナムの中では、‘かんざし姫' がおなじみですが、他にローズビューティという品種が流通しています。

いずれも、細く伸びた茎の先端付近に、濃桃色の小さな花がたくさん咲きます。

秋まき一年草ですが、大手の種苗会社のカタログを見てもタネは販売されていません。タネが採れたら、一度、播いてみようかとも思っています。

栽培したところでは、耐暑性が弱く夏には枯れてしまいます。

【花の特徴と性質】

草丈

30〜50pほどです。

花は小さく花径1.5pほどですが、花茎がたくさん伸びて、その先に数多くの花が咲きます。

ヘリクリサム属ですので、花はカサカサとしています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は強いですが、霜に当てないようにします。耐暑性は弱いです。

学名の説明

Helichrysum・・・・・heli(太陽)+chrysos(黄金色の)

cassinianum・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

‘かんざし姫'

草丈が低いので鉢物として優れています。

‘ローズビューティ'

草丈は30〜50cm程度になるので、切り花として利用できます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

2月〜3月頃につぼみの付いた株や花の咲いた株が園芸店やホームセンターなどに出てきますので、これを買って育てます。

こうした株を庭植えにすると寒さで傷んでしまいますので、植えられている鉢が小さいときは一回り大きい鉢に植え替えます。

かんざし姫の花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使うことが大切で、市販の草花用培養土にパーライトを2割ほど加えた用土などを使います。

置き場所

春から育てることが一般的ですので、購入したら、室内の日当たりの良いところで管理します。

花が終わったら、外に出してもかまいませんが夏には枯れてしまいます。

日常の管理

過湿は控え、水やりは株がしおれない程度にします。

冬の管理

寒いときに株を手に入れた場合は、室内に置いて育てます。

肥料

花が終わるまで液肥を月2回程度与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。