トップページに戻るトップページに戻る 「あ」の一覧に戻る「あ」の一覧に戻る 「い〜う」の一覧に戻る「い〜う」の一覧に戻る 「え」の一覧に戻る「え」の一覧に戻る 「お」の一覧に戻る「お」の一覧に戻る 「か」の一覧に戻る「か」の一覧に戻る 「き」の一覧に戻る「き」の一覧に戻る 「く」の一覧に戻る「く」の一覧に戻る 「け〜こ」の一覧に戻る「け〜こ」の一覧に戻る 「さ」の一覧に戻る「さ」の一覧に戻る
「し」の一覧に戻る「し」の一覧に戻る 「す」の一覧に戻る「す」の一覧に戻る 「せ〜そ」の一覧に戻る「せ〜そ」の一覧に戻る 「た」の一覧に戻る「た」の一覧に戻る 「ち〜つ」の一覧に戻る「ち〜つ」の一覧に戻る 「て〜と」の一覧に戻る「て〜と」の一覧に戻る 「な〜の」の一覧に戻る「な〜の」の一覧に戻る 「は」の一覧に戻る「は」の一覧に戻る 「ひ」の一覧に戻る「ひ」の一覧に戻る 「ふ」の一覧に戻る「ふ」の一覧に戻る
「へ」の一覧に戻る「へ」の一覧に戻る 「ほ」の一覧に戻る「ほ」の一覧に戻る 「ま〜み」の一覧に戻る「ま〜み」の一覧に戻る 「む〜も」の一覧に戻る「む〜も」の一覧に戻る 「や〜よ」の一覧に戻る「や〜よ」の一覧に戻る 「ら〜り」の一覧に戻る「ら〜り」の一覧に戻る 「る〜わ」の一覧に戻る「る〜わ」の一覧に戻る メモメモ

ペーパーカスケード Helipterum anthemoides 'Paper Cascade'

ペーパーカスケードの花
写真 ペーパーカスケード
撮影時期 2010.3.22 
栽培状況 苗購入後鉢植え
科名・属名

キク科
ハナカンザシ属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【ペーパーカスケードについて】

ペーパーカスケードは、ハナカンザシ属(ヘリプテルム属)の宿根草です。ハナカンザシとして流通している種類と非常によく似ていますが、そのはずで、同じ仲間です。

ただし、花の形が少し違うようで、ハナカンザシのほうがやや丸い花弁で、ペーパーカスケードの花弁は細長いように思います。また、形状もペーパーカスケードは這性です。

この花を最初に見たのは、ずいぶん前の淡路花博会場でした。あちこちに、たくさん植え込んであってなかなか見事に咲いていました。

栽培したところでは、高温多湿に弱く、暖地では、夏を越すのが難しく一年草と考えるべきかと思われます。写真の株も、夏になると枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

ペーパーカスケードの花

草丈

10〜20p程度です。

花径は2pほどです。花が開くと白花になります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、高温多湿に弱く、暖地の場合は夏が来る前に枯れてしまいます。

学名の説明

Helipterum・・・・・ギリシャ語の helios(太陽)とpteron (翼)が語源です。
※ 羽毛のある冠毛に由来します。

anthemoides・・・・・「アンテミス属に似た」

【主な種類と品種】

ハナカンザシ属では、ハナカンザシもよく栽培されます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

タネや苗は流通してなくて、通常は、春先に園芸店などに開花株が出ています。少し鉢が小さい場合が多いので、こういうときは、根鉢をあまり崩さず一回り大きい鉢に植え替えます。過湿に弱く、雨の当たる戸外は根腐れしやすいので、鉢やプランターで栽培したほうが管理が楽です。

また、プランターなどに何株が植え込むときも、根鉢をあまり崩さないようにして植えつけます。

ペーパーカスケードは下に垂れる性質がありますので、吊り鉢に植えて楽しむこともできます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を7対3程度に混ぜたものなどを使います。

株間

鉢なら5号鉢に1株、標準的な60cmのプランターなら3株が目安です。

ペーパーカスケードの花

置き場所

日当たりがよく、雨の当たらないところで育てます。

春先に開花株を購入したときは、寒い戸外に置くとせっかく咲いた花が寒さで傷みますので、十分に暖かくなるまでは暖かい室内に置きます。

日常の管理

過湿を非常に嫌いますので、鉢土の表面が十分に乾いてから水やりをします。

関東以西の暖地の場合は、夏が来る前に枯れてしまうので、植え替えするところまで行きません。

肥料

緩効性化成肥料を1ヶ月に1回程度与えます。

病気・害虫

アブラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。