ペンステモン・ディギタリス Penstemon digitalis

‘ハスカーレッド’の花
写真 ‘ダークタワー’
撮影時期 2017.5.23
栽培状況 苗購入後、庭植え
科名・属名

オオバコ科
イワブクロ属
(ペンステモン属)

園芸分類

宿根草

別名

ツリガネヤナギ

原産地

北アメリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

5〜6月

【ペンステモン・ディギタリスについて】

ペンステモンは、花が非常に美しい草花で、もともと宿根草です。ただし、よく栽培されるペンステモン・ハ−トウェギー(P. hartwegii)などは、高温多湿に弱いため暖地では夏越しがやや難しいといえます。その点、このペンステモン・ディギタリス (P. digitalis) は、比較的耐暑性があり、園芸店やホームセンターなどでよく見かけるようになりました。

'ハスカーレッド'という品種がおなじみですが、姉妹品種の‘ダークタワー’もよく栽培されます。なお、ハスカーレッドの「レッド」は、花色ではなく濃い赤紫の葉色を指したものです。

栽培したところでは、プランターに植え付けたところ容易に夏を越しましたが、庭植えの場合は、短命に終わりました。日当たりがよすぎたことなど植えた場所がよくなかったようです。

その後、今度は、午後に日陰になるところに植えてみましたが、こちらの方はよく育っています。

【花の特徴と性質】

草丈

1mほどになります。

【主な種類と品種】を参照してください。

耐寒性・耐暑性

ペンステモンの中では耐暑性が強い種類です。耐寒性もあります。

学名の説明

Penstemon・・・・・ギリシャ語の penta(5)+ stemon(雄しべ)が語源です。

digitalis・・・・・「指状の」、「指」の

【主な種類と品種】

‘ハスカーレッド’
P. digitalis ‘Husker red’

濃い赤紫色の葉に特徴があります。花は白に近い、ごく薄いピンクの花が咲きます。(写真下)

‘ダークタワー’
P. digitalis ‘Dark towers’

‘ハスカーレッド’に似た花色の品種で、ピンクがやや強めの花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけは、春又は秋に行います。庭植えでも、鉢やプランターでも育てるのにも向いています。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどが一例です。

‘ダークタワー’の花

株間

株間を30〜40p程度とって植え付けます。標準のプランターなら2〜3株程度にします。

植え場所・置き場所

耐暑性があるとはいえ、関東以西の暖地の場合は、夏場は半日陰になるような場所があれば最適です。

鉢植えの場合は、夏場は風通しのよい半日陰に移します。

植え替え

鉢植えは毎年、プランターの場合は2年に1回の目安で植え替えます。

庭植えの場合は、2〜3年経ったら株分けを兼ねて植え替えをします。

日常の管理

花の終わった花茎は、早めに切り戻しをしておきます。

ふやし方

植え替えのときに株分けで増やすことができます。

肥料

元肥として有機肥料を施します。

病気・害虫

病気は、特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。