ヘメロカリス Hemerocallis spp.

ヘメロカリスの花
写真 ヘメロカリス
撮影時期 2007.6.30
栽培状況 庭植え
科名・属名

ユリ科
ユウスゲ属

園芸分類

耐寒性宿根草

別名

デイリリー

原産地

日本、中国

用途

庭植え、鉢植え

花期

6月〜7月

【ヘメロカリスについて】

ヘメロカリスは、とにかく丈夫で手間いらずなうえに、ユリに似た大きくて美しい花が3週間ほど毎日のように何輪か咲き続けます。また、草姿に似ず、カラフルな色彩の花もありますので、場所さえあれば、本当におすすめの宿根草です。

園芸店やホームセンター、あるいは種苗会社のカタログなどで見かける園芸品種は、ユウスゲ(H. thunbergii)、ヤブカンゾウ(H. fulva)、ノカンゾウ(H. fulva var. longituba)などを元に、主にアメリカで品種改良されたものです。

野市町あたりでは、ちょうど開花時期が梅雨時と重なることがただひとつ残念です。もっとも、晴れていなくても花は開きますので、うっとうしい日でもヘメロカリスの花を見ると気持ちが和みます。

栽培したところでは、耐寒性、耐暑性が強く、本当に育てやすい宿根草です。

【花の特徴と性質】

ヘメロカリスの花

草丈

草丈は、60p〜80p程度のものが多く、細長い葉を大きく広げます。

4倍体品種の大きい花では径15pにもなり、デイリリーといわれるだけあって、草姿からはちょっと想像できないような、きれいな花を咲かせます。

花は、葉の間からのびてきた花茎に5〜6輪、一度に開花せず、順次開花していきます。

残念ながら、花の寿命は1日限りですが、花茎を何本も伸ばし、次々と咲いていきますので、比較的長い期間楽しめます。

花の色は、白、クリーム、黄色、赤、紫とあり、2色花もあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性は強く、冬は地上部が枯れてしまいますが、翌春芽を出してきます。

学名の説明

Hemerocallis・・・・・ギリシャ語の hemera(1日)+ callos(美)が語源です。

thunbergii・・・・・スウェーデンの植物学者 C.P.Thunberg の名前に因みます。

fulva・・・・・「赤みがかった黄色」

【主な種類と品種】

種苗会社から、いろいろな品種が売られています。

また、春、秋には園芸店にも出回りますので、気に入った品種、大きさの花を選ぶことができます。

【育て方と栽培のポイント】

ヘメロカリスの花

とても強健な品種で、アブラムシにさえ気を付ければ、植え付け後は何の手入れもいりません。

植え付け

園芸店にも苗が出ますが、種苗会社のカタログにはいろいろな花色の品種が出ています。

植えつけは、春、秋いずれの時期でも植えつけできます。植えた1年目は、株が充実していないため十分な花が咲きませんが、2年目、3年目と次第にたくさん咲くようになります。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥と化成肥料を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

鉢やプランターで育てる場合は、赤玉土と腐葉土又はバーク堆肥を2対1程度に混ぜた用土を使うとよく育ちます。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけの良いところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。日当たりが悪いと花付きが悪くなります。

株間

株が大きくなりますので、花壇に植えるときは30〜40p程度と広く間隔をとります。それより詰めて植えることもできますが、植え替えの時期が早くなります。

鉢植えの場合は、60cmのプランターで2株程度にします。

植え替え

庭植えは、4〜5年程度は植えっぱなしにした方が、花がたくさん咲いて楽しめますが、株が混みあってくると花付きが悪くなりますので、春か秋に株分けして植え替えます。株は、2〜3芽程度で分けます。

鉢やプランターに植えた場合は、2年に1回を目安に植え替えをします。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、水切れさせないよう土の表面が乾いたら十分に水やりします。

開花時期になると、花が次々と咲いてきますので、終わった花は早めに取り除きます。

ヘメロカリスの花

冬の管理

冬は地上部が枯れますので、枯れた葉を切り取っておきます。

鉢やプランターに植えた場合は、冬場も乾燥させすぎないにします。

肥料

非常に丈夫で、庭植えの場合は、多肥にしなくてもやせ地以外はよく育ちます。

鉢植えの場合は、元肥として緩効性肥料を与えます。後は、3月と9月に化成肥料を与えます。

病気・害虫

病気はありません。春にアブラムシがつきますが、あまり神経質になるほどのものではありません。ひどくなればオルトラン等で駆除しておきます。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。