ベゴニア・センパフローレンス Begonia semperflorens

ベゴニア・センパフローレンスの花
写真 ベゴニア・センパフローレンス
撮影時期 2017.4.22
栽培状況 前年の春播き後、プランターで栽培
科名・属名

シュウカイドウ科
ベゴニア属

園芸分類

春まき一年草
宿根草

別名

四季咲きベゴニア

原産地

ブラジル

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜11月

【ベゴニア・センパフローレンスについて】

ベゴニア・センパフローレンスは、花期が本当に長く、しかも非常に育てやすいので鉢物として、すばらしい特性を持っています。園芸店でも苗がたくさん売られていますが、価格も安く、この点でもおすすめの花です。

栽培したところでは、花期がとても長く、また、育てやすいので大変重宝します。

タネを播いて育てましたが、タネが小さいこともあって、生育がゆっくりで手間がかかります。もっとも、苗が小さくても植え替えには強く、だんだんと生育のスピードが速くなりますので、育苗は簡単です。開花は遅くなりますが、花期が長いこともあってタネからでも十分に楽しめます。

なお、プランターに植えて、雨の当たらない軒下に置いた株は問題なく育ちましたが、花壇に植えた株は、雨などで株が傷み、よい結果は得られませんでした。

上の写真の株は、ビニールハウスで冬を越したものですが、春先からよく咲いています。

リーガースベゴニア木立ちベゴニア球根ベゴニアクリスマスベゴニアは、それぞれ別項目にしています。

【花の特徴と性質】

ベゴニア・センパフローレンスの花

草丈

20〜30pくらいです。

花径2〜4pくらいで、一重咲きが一般的ですが、八重咲きもあります。

花色は、白、淡桃、濃桃、赤などがあります。花付きがすばらしくよいので、花壇やプランターなどに多く植栽されています。

耐寒性・耐暑性

本来は宿根草ですが、寒さにやや弱いので一年草として扱われています。

冬の寒さから守ってやれば、冬を越すことができます。

学名の説明

Begonia・・・・・ドミニカ共和国の首都サント・ドミンゴの提督だった Michel Begon に因みます。

semperflorens・・・・・「いつでも花を付けている」

【主な種類と品種】

アンバサターシリーズ

花径4〜5pの中大輪の花です。

パーティーシリーズ

銅葉系といわれる葉が赤黒いタイプの系統です。

クイーンシリーズ

八重咲きの花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

園芸店やホームセンターなどでは苗がたくさん売られていますし、値段も安いのでタネから育てる必要はあまりないかもしれません。とは言え、タネから育てた苗は、時間をかけてゆっくり大きくなってきますので、何となく愛着を感じます。

タネから育てる場合は、4月中旬〜下旬に育苗箱に清潔な用土を入れて播くかピートバンに播きます。光が当たらないと発芽しませんので、覆土はしません。発芽まで、底面から吸水するようにし、ときどき霧吹きで潅水します。

ベゴニア・センパフローレンスの花

発芽後、2枚の本葉が大きくなったら、2.5号のポリポットに植え替えます。

通常の草花は3号ポットに植え替えますが、センパフローレンスは生育がゆっくりなので、最初は2.5号のポリポットがよいと思われます。

植え付け

タネを播いて育てた場合は、2.5号のポリポットに根が回ったら、4号ポットに植え替え、4号ポットに根が回ってから植えつけると失敗がありません。

鉢やプランターに植えるときは、春になると園芸店やホームセンターなどに大量に出回りますので、これを買って植えつければ簡単です。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。ただし、雨などで傷みますので

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

株間

花壇に植えるときは20〜25pほどにします。60cmのプランターの場合は、3株ほど植え付けます。

植え場所・置き場所

花壇に植えるときは、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合は、生育期間中を通じて雨の当たらないところに置くのがベストです。少なくても、梅雨時など長雨が予想されるときは、病気の発生を防ぐため雨の当たらないところに置きます。

日常の管理

株を清潔に保ち、見栄えをよくするため花がらはこまめにつみ取ります。

夏に切り戻しをしてやると、秋にもう一度よく咲いてくれます。

冬の管理

鉢植えは、軒下や室内に取り込めば冬を越すことができます。冬越しをさせる場合は、冬が近づいたら思い切って切り戻しをしておきます。

冬を越した株は、春に植え替えをします。

ふやし方

タネ播きのほか、さし芽ができます。5月〜10月ごろまでバーミキュライトなどに挿せばよく発根します。

肥料

ベゴニア・センパフローレンスの花

花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり30gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

後は、花期が長いので、定期的に追肥します。

鉢やプランターに植える場合、市販の草花用の培養土を使用するときは、培養土に元肥が入っていますので、追肥として液肥を定期的に与えます。

用土を調整したときは、植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は同様に追肥しますます。

病気・害虫

梅雨から夏の高温多湿時に過湿にしすぎると、葉や茎が腐ってしまうことがあります。広がらないよう患部を切り取り殺菌剤を散布しておきます。

アブラムシが付くことがあります。また、葉を食べられると株が見苦しくなりますので、植え付け時に、オルトラン粒剤などを混ぜて植え付けると被害が少なくなります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。