クリーピングベロニカ Veronica spp.

ベロニカの花
写真 ベロニカ 'ミセスホルト'
撮影時期 2008.7.5
栽培状況 庭植え
科名・属名

ゴマノハグサ科
クワガタソウ属

園芸分類

宿根草

別名

西洋ルリトラノオ

原産地

ヒマラヤ、中国、日本、シベリア

用途

庭植え、鉢植え

花期

5月〜7月

【花の印象など】

クリーピングベロニカというのは、ほふく性のベロニカにつけられた便宜上の呼び方です。主にベロニカ・プロストラータ(V. prostrata)とベロニカ・ペドゥンクラリス(V. peduncularis)の品種が栽培されています。

立性のベロニカも魅力がありますが、ほふく性のベロニカもなかなか美しいものです。

栽培したところでは、丈夫で、夏の暑さもそれほど苦にしませんので、立性のベロニカよりも耐暑性が強いと思われます。

【花の特徴と性質】

ベロニカの花

草丈

草丈は、10〜15pほどで、横に広がっていきます。

花は、ピンクやブルーの花色があります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は勿論、耐暑性もかなり強いです。

学名の説明

Veronica・・・・・キリスト教の聖者 St. Veronica に因みます。

prostrata・・・・・「平臥した」、「横になった」

peduncularis・・・・・「花柄のある」、「花梗のある」
 ※花柄(かへい)又は花梗(かこう)とは、花序を支えている茎のことです。

【主な種類と品種】

ベロニカ・プロストラータ
V. prostrata

草丈は低く、カーペット状に横に広がります。ピンクの花が咲く‘ミセスホルト’などの品種があります。

ベロニカ・ペドゥンクラリス
V. peduncularis

こちらもほふく性のベロニカで、ブルー系の花色が多いようです。‘オックスフォードブルー’(写真下)や‘ジョージアブルー’などの品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植えはもちろん、鉢やプランターで育てるのにも向いています。植えつけは、春は3月中旬〜4月上旬、秋は10月〜11月上旬ごろが適期です。

花壇に植える場合は、苦土石灰を少し撒いてから20〜30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度の堆肥と化成肥料を入れます。庭土とよく混ぜ合わせてから植えつけます。

鉢やプランターで育てる場合は、深鉢よりも径の大きな浅めの丸形プランターが向いています。

鉢植えの用土

鉢やプランターの用土は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりや水はけがよい場所が適していますが、夏の直射日光と高温多湿を嫌うので、暖地では、午後に日陰になるところや半日陰での栽培をおすすめします。

鉢やプランターも、秋から春は日当たりのよいところで育てますが、夏場は半日陰に置くようにします。

植え替え

鉢やプランターの植え替えは、できれば毎年、春又は秋に株分けを兼ねて行います。鉢から抜いて、根鉢の三分の一程度古い土を落として、新しい用土で植え替えます

庭植えの場合、3〜4年ほどたつと株が混みあってきますので、株分けして植え替えます。

ベロニカの花

株間

かなり横に広がりますので30〜40cmほどにします。プランターは径の大きな丸形のプランターに1株を植え付けます。

日常の管理

過湿を嫌いますので、鉢やプランターに植えた場合は、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

冬の管理

耐寒性がありますので、戸外で冬を越します。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら晴れた日の午前中に水やりをします。

肥料

鉢やプランターは、植え付け時に緩効性肥料を与えます。後は、1ヶ月に2〜3回程度液肥を与えます。

病気・害虫

病気は特にありませんが、水はけが悪いと立ち枯れ病が発生しやすくなります。アブラムシが発生したらオルトランなどで駆除します。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。