ベニジウム Venidium fastuosum

ベニジウムの花
写真 ベニジウム
撮影時期 2016.3.31
栽培状況 秋播き後、庭植え(冬は不織布で霜除け)
科名・属名

キク科
ベニジウム属

園芸分類

秋まき一年草

別名

寒咲き蛇の目菊
ベニディウム

原産地

南アフリカ

用途

庭植え、鉢植え

花期

3月〜4月

【ベニジウムについて】

ベニジウムは、濃い黄色の花の中心に、黒褐色の蛇の目模様が入るところから「寒咲きジャノメギク」とも呼ばれています。花が咲いていなくても、白っぽい綿毛に覆われた草姿を見れば、すぐにベニジウムとわかります。

白花もありますが、春らしい黄色の花が好まれるのか、どちらかというと黄色の花をよく見かけます。本来は宿根草ですが、暑さに弱いので秋播き一年草として扱われます。

栽培したところでは、冬の寒い時期は不織布をべた掛けしたところ、よく育って今年1月(2016年)は暖冬のせいもあり1月に最初の花が咲きました。暖かくなるにつれて花数も増え、4月になっても咲いていました。

【花の特徴と性質】

ベニジウムの花

草丈

草丈は60〜80pになり、株も大きくなるところから、どちらかといえば庭植えが適しています。

株全体が灰白色の綿毛に覆われているところに特徴があります。

花径は7〜8pで、花色は黄色の他に白花があります。

花は、日のさす日中に開き、夜間や曇天のときは閉じています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的ありますが、霜に当たると傷みます。

学名の説明

Venidium・・・・・「縞(しま)のある」という言葉に由来します。

fastuosum・・・・・「立派な」、「堂々たる」、「非常に美しい」

【主な種類と品種】

黄花と白花の2種類が売られていますが、園芸店などで見かける機会はあまり多くありません。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

発芽適温は20度ほどですので9月中旬〜10月上旬に育苗箱にバラ播きして、薄く覆土をします。寒地は春播きになります。

発芽後、本葉が3〜4枚のころにポリポットに植え替えて、苗を育てます。

植え付け

花壇に植える場合は、植えつけの1週間ほど前に苦土石灰を1u当たり50〜100gほど撒いて耕しておきます。

暖地の場合は、本葉が5〜6枚になったら花壇に定植し、冬は霜除けします。

苗の生育が遅れたときは、ポットのまま霜の当たらない軒下などで育て、春になって霜の恐れがなくなってから定植します。

花壇に植える場合は、バーク堆肥を1u当たり10Lほど入れて、庭土とよく混ぜてから植え付けます。

ベニジウムの花

株間

株が大きくなりますので、25〜30p間隔で定植します。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターに植えた場合も、日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

定植後、摘心をしてできるだけ側枝を多く出させるようにします。

冬の管理

秋に花壇に定植したときは、暖地では不織布のべた掛けで十分冬を越せます。2016年には私の住んでいる香南市野市町で−5度という日がありましたが、不織布のべた掛けをしておいたところ、寒さで株が傷むことはありませんでした。

プランターなどに植えた場合は、霜の当たらない軒下などで育てます。

肥料

花壇に植える場合は、 化成肥料を1u当たり50gほど施し、堆肥と一緒に庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。後は、成育期間中に月に1回程度化成肥料を追肥します。

病気・害虫

立枯病が発生することがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。