プチロータス Ptilotus exaltatus

プチロータスの花
写真 プチロータス ジョーイ
撮影時期 2017.4.3
栽培状況 春播き後、プランターで栽培(2年目の株です。)
科名・属名

ヒユ科
プティロツス属

園芸分類

春まき一年草
宿根草

別名

プティロツス

原産地

オーストラリア

用途

鉢植え

花期

夏〜冬

【プチロータスについて】

プチロータスは、2008年頃になって広く出回るようになったオーストラリア原産の花です。ボトルブラシのような花形もおもしろいですが、花期が大変に長いので長く楽しめる点も特徴のひとつでする。

園芸店やホームセンターなどに苗が出ますが、「タキイ種苗」などでタネも販売されていますので、春にタネを播いて育てることができます。

栽培したところでは、育苗は比較的簡単でしたが、プランターに植えた後で少し過湿になったため、生育が今一つでした。

次の年は、タネ播き後、水はけのよい用土に植えて、やや乾燥気味に育てたところ成育は良好で、年を越えて長い間咲いています。

【花の特徴と性質】

草丈

30pほどです。

7〜10センチほどのピンクの花穂が特徴です。花期が大変長く、年末になってもよく咲いていました。

耐寒性・耐暑性

耐暑性はありますが、耐寒性が弱いので春播き一年草として扱われます。もっとも、室内に取り込めば冬越しができます。

学名の説明

Ptilotus・・・・・ギリシャ語の ptilon (羽)が語源です。
※ 花の形に由来します。

exaltatus・・・・・「非常に高い」

【主な種類と品種】

園芸店では、プチロータス ジョーイという名前で売られています。

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

プチロータスは、苗を購入して育てることが多いかもしれませんが、タネから比較的簡単に育てることができます。タネは、「タキイ種苗」のカタログに載っていました。

発芽適温が25度と高いので、十分に暖かくなった4月下旬〜5月が適期です。箱播きにして、タネが隠れる程度に覆土します。

発芽後、本葉が3〜4枚になったら3号のポットに植え替え、薄めの液肥を与えながら苗を育てます。

植え付け

プチロータスは多湿を嫌いますが、生育期が梅雨にかかりますので、庭植えにはあまり適していないように思われます。鉢やプランターで育てることをお勧めします。

タネから育てた場合は、本葉が8〜10枚になったころに、鉢やプランターに定植します。

園芸店などで苗が売られていますが、ポット苗の場合が多いですので、その場合は、できるだけ早く大きめの鉢やプランターなどに植えつけます。

プチロータスの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土が適しています。市販の草花培養土にパーライトもしくは軽石を2割ほど加えた用土などを使います。

私は、赤玉土、鹿沼土、軽石砂、バーク堆肥を3:2:2:3程度に混ぜた用土を使っていますが、特に問題なく育っています。

株間

あまり大きくなりませんので、20pほどでよいと思います。60cmの標準のプランターの場合は、3〜4株が目安です。

置き場所

日当たりのよいところに置いて育てます。

日常の管理

過湿を嫌いますので、やや乾燥気味に育てます。鉢土の表面がよく乾いてから水やりをします。

次々と花が咲くので、花が終わったら、早めに摘み取って株の負担を減らすようにします。

冬の管理

プチロータスは遅くまで花をつけていますので、寒くなって来たら暖かいところに置き、水やりは少な目にします。

肥料

植えつけ時に緩効性の化成肥料を与え、後は、生育期間中に月2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。