フチンシア Hutchincia alpina

フチンシアの花
写真 フチンシア
撮影時期 2005.4.2
栽培状況 苗購入後、庭植え
科名・属名

アブラナ科
フチンシア属

園芸分類

宿根草

別名

フッチンシア

原産地

ピレネー山脈、アルプス

用途

庭植え、鉢植え

花期

3〜4月

【フチンシアについて】

フチンシアは、ポット苗に付いていたラベルを見ると、「アルプスのお花畑」というキャッチコピーが付いていましたが、その名のとおりピレネー山脈、アルプス原産の宿根草です。

冬でも艶やか葉の上にスイートアリッサムに似た白い花が咲きます。

栽培したところでは、夏が来る頃にはかれてしまいましたので、暖地の場合は一年草と考えればよいかと思います。タネを採って秋播きができそうなので、次回はそうしてみたいと思っています。

【花の特徴と性質】

草丈

横に広がるので、寄せ植えの素材として適しています。また、寒冷地ではグラウンドカバーとしても利用できそうです。

横に広がる葉の中から花茎が伸びてきて、スイートアリッサムのような小花を咲かせます。

耐寒性・耐暑性

自生地でもわかるように耐寒性は非常に強いですが、夏の高温多湿を嫌います。

学名の説明

Hutchincia・・・・・アイルランドの植物学者 Ellen Hutchins に因みます。

alpina・・・・・「高山の」、「アルプスの」

【主な種類と品種】

‘クリスタルカーペット’や‘アイスキューブ’といった品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春先になると、園芸店やホームセンターなどにポット苗が出ていることがありますので、これを買って花壇やプランターなどに植え付けます。

本来は宿根草ですので、夏越しを考えるなら、季節によって環境を変えられる鉢植えがよいとは思いますが、暖地の場合は、鉢植えでも夏越しが難しいので、花壇に植えても鉢植えでも、どちらでも差し支えないと思います。

フチンシアの花

鉢植えの用土

高山帯の岩場に自生する植物なので、水はけの良い用土に植え付けます。

植え場所・置き場所

日当たりの良いところを好みます。

株間

20〜25pほどにします。

日常の管理

高温多湿を嫌いますので夏は涼しいところで管理すべきですが、暖地では夏越しが難しいです。

肥料

鉢植えの場合は、1ヶ月に1回、緩効性の化成肥料を置き肥します。

花壇に植える場合は、それほど肥料は必要ありません。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。