ブライダルベール Gibasis pellucida

ブライダルベールの花
写真 ブライダルベール
撮影時期 2007.6.23
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ツユクサ科
ギバシス属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

メキシコ

用途

鉢植え

花期

5〜11月

【ブライダルベールについて】

ブライダルベールはメキシコ原産の宿根草です。小さい白い花がたくさん咲きますが、どちらかというとこれは添え物で、もっぱら観葉植物として栽培されています。

横に広がりますので、もっぱら吊り鉢で栽培されています。

栽培したところでは、栽培はそれほど難しくはなかったですが、冬場の外に置きっ放しになってしまい、強い寒波で枯れてしまいました。

【花の特徴と性質】

草丈

20pほどで、横に伸びます。葉は、表は暗緑色、裏は暗紫色です。

1pにも満たない小さな花がたくさん咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はありません。

学名の説明

Gibasis・・・・・ gibba (膨らみ)+ basis (基部)が語源です。
※ がく片の膨らんだ基部に由来します。

pellucida・・・・・「透明の」

【主な種類と品種】

あまり見かけませんが、斑入りの品種もあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

春〜初夏に園芸店やホームセンターなどで苗が売られていますので、これを買って植え付けますが、耐寒性が弱いので鉢での、通常は栽培なります。

購入した株が小さいポット苗などの場合は、早めに大きめの鉢に植え替えます。横に広がりますので、つり鉢にしたり、スタンド鉢でも楽しめます。

ブライダルベールの花

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

置き場所

夏場を除き、できるだけ日当たりのよいところに置きます。日陰で栽培すると、花付きが悪くなります。

植え替え

2年に1回程度を目安に、気温が上がってくる4〜5月頃に行います。

日常の管理

過湿にならないよう、指先で鉢土の状態を確認して、乾いているようなら水やりをします。

夏が来る前に、半分ほど切り戻しておきます。

夏の管理

直射光が当たると葉焼けをしますので、半日陰に移して管理します。

冬の管理

耐寒性がないので、冬は室内で管理します。水やりは控えめにします。

肥料

生育期に、10日に1回程度液肥を与えます。

病気・害虫

ハダニが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。