プリムラ・ジュリアン Primula x juliana

プリムラ・ジュリアンの花
写真 プリムラ・ジュリアン
撮影時期 2006.11.25
栽培状況 鉢植え
科名・属名

サクラソウ科
サクラソウ属

園芸分類

半耐寒性宿根草

別名

ジュリアン

原産地

北半球に広く分布

用途

鉢植え

花期

12〜4月

【プリムラ・ジュリアンについて】

プリムラ・ジュリアンは、ポリアンサと極矮性種のジュリエとの交配種で、ポリアンサより一回り小ぶりで、こちらも大変人気があります。

性質は、ポリアンサと同様に丈夫で、冬の鉢物としてよく栽培されています。

栽培したところでは、液肥を定期的に与えてやれば、長い間咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

プリムラ・ジュリアンの花

草丈

ポリアンサとよく似ていますが、ポリアンサより小ぶりですので、鉢やプランターにまとめて植えるのに最適です。

花径は3〜4p程度で、いずれの花も、非常に明るい色彩をしています。また、花色は、まことに多彩で、黒以外はほとんどあるといわれるほど豊富です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は比較的ありますが、夏の暑さに弱く暖地では夏を越すのが困難です。

学名の説明

Primula・・・・・ primus(最初の)の縮小形

juliana・・・・・(※ 未確認)

【主な種類と品種】

いろいろな系統のものがありますが、園芸店では花色別に売られています。最近では、豪華な八重咲きの品種も出てきて、一層にぎやかになってきました。

【育て方と栽培のポイント】

栽培は、プリムラ・ポリアンサと同様です。

植え付け

11月頃から花の咲いた苗が出回りますので、これを買ってきて植え込みます。園芸店などでポット苗を購入したときは、大きめの鉢やプランターなどに植え替えます。

鉢植えの用土は、市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものを使います。丈夫ですし、暖地では、初夏になるころには花も終わりますし夏越しも難しいので、それほど神経質になる必要はありません。

プリムラ・ジュリアンの花

置き場所

日当たりを好みますので、直射日光の当たらない場所に置くとよい花は望めません。

株間

10〜15p程度にします。

日常の管理

花を長く楽しむため、花がらをそのままにせず、こまめに取り除いてやります。

また、育てていると下葉が少し枯れてきますので、こうした葉は、早めに取り除いて株をきれいに保ちます。

冬の管理

プリムラ・ジュリアンは、耐寒性が比較的強く、暖地ではよほどの寒い日でなければ戸外に出しておいても大丈夫です。ただし、庭植えの場合はどうしても花が傷みやすいので、美しい花を楽しむなら、やはり鉢植えにして室内か霜の当たらない軒下に置いて花を楽しみます。

肥料

植えつけ時に緩効性の肥料を鉢土に混ぜて植えつけ、花期が長いので、後は週に1回ほど液肥を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。