フジバカマ(藤袴) Eupatorium fortunei

フジバカマの花
写真 フジバカマ
撮影時期 2015.10.9
栽培状況 庭植え
科名・属名

キク科
ヒヨドリバナ属

園芸分類

宿根草

別名

カオリグサ

原産地

日本、朝鮮半島
中国

用途

庭植え

花期

9〜10月

【フジバカマについて】

フジバカマは、秋の七草のひとつで、万葉の昔から日本人に親しまれてきた草花です。ただし、中国が原産地で、奈良時代に渡来したと言われています。最近では、野生種はほとんど見かけなくなってきて、今は、絶滅危惧種になっています。

幸い、園芸店などで苗が売られていますので手に入れることはできます。ただし、フジバカマの名で市販されているものの多くは、フジバカマとサワヒヨドリ(E. lindleyanum)の雑種と言われています。写真の株もそうではないかと思われます。

【花の特徴と性質】

草丈

1〜1.5mほどになります。

花茎の先に、淡紫色の小さな花が集まって咲きます。

耐寒性・耐暑性

暑さ寒さに強く育てやすい草花です。

学名の説明

Eupatorium・・・・・アジアの王ミトリダテス6世(Mithridetes)の姓 Eupator に由来します。

fortunei・・・・・スコットランドの植物学者で植物コレクターである Robert Fortune への献名

lindleyanum・・・・・18世紀のイギリスの植物学者 John Lindley への献名

【主な種類と品種】

フジバカマの仲間には、ヒヨドリバナやサワヒヨドリーなどがあります。また、青花フジバカマは、アゲラタムによく似た花を咲かせ、ミストフラワーともよばれます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え替え時に株分けしたものを春か秋に植えつけます。園芸店などでも春にはポット苗、秋には蕾のついた苗が売られていますので、これを買って植え付けることもできます。庭植えのほか、鉢やプランターで栽培することもできます。

花壇に植えるときは、深さ30cmほどの植え穴を掘り、掘り上げた土の3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れ、庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは鹿沼地、赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を等量に混ぜたものなどを使います。

フジバカマの花

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりとやや湿り気のあるところに植えつけます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きますが、夏場は半日陰に置いて鉢が乾きすぎるのを防ぎます。

植え替え

花壇に植えた場合は、3〜4年もすると株が混みあってきますので、株分けを兼ねて春又は花後に行います。

日常の管理

鉢植えの場合は、水切れに注意します。

草丈が伸びすぎないよう、6月頃に切り戻しすると、草丈が低く抑えられ草姿がよくなります。

冬の管理

冬には地上部が枯れますので、冬が来たら地際から切り取っておきます。耐寒性が強いので、戸外で冬を越します。

ふやし方

地下茎が伸びてあちこちに芽を出しますので、株分けして増やすことができます。また、挿し芽も容易です。

肥料

庭に植えた場合はほとんど必要ありません。

病気・害虫

深刻な被害を与えるものはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。