ヒメノキシス Tetraneuris scaposa

ヒメノキシスの花
写真 ヒメノキシス
撮影時期 2010.5.29
栽培状況 鉢植え
科名・属名

キク科
テトラネウリス属

園芸分類

宿根草

別名

特にはありません。

原産地

アメリカ

用途

鉢植え

花期

5月

【ヒメノキシスについて】

ヒメノキシスは、ごく最近、種苗会社のカタログなどで見かけるようになった花です。コスモスに似た花形の四季咲き種として紹介されています。名前の由来は、以前はヒメノキシス属に分類されていたことによるものです。

写真のように、花弁に入る茶色い縞模様が特徴です。シルバーグレイの葉もなかなか美しいといえます。

栽培したところでは、夏の暑さが苦手なようで、夏が来ると枯れてしまいました。栽培条件によるのかもしれません。

【花の特徴と性質】

草丈

20〜30cmほどです。

長い花茎を伸ばして、その先に、花径3〜4cmほどの淡い黄色の花が咲きます。花弁に茶色い縞模様が入るのが特徴です。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、耐暑性はあまり強くありません。どちらかというと、暖地よりも寒冷地に向いているのではないかと思われます。

学名の説明

Tetraneuris・・・・・「四つの葉脈」という意味です。

scaposa・・・・・「多くの花茎を持つ」

【主な種類と品種】

単にヒメノキシスとして流通しています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店やホームセンターなどで見かけることはあまりないですが、春先に出ていたように記憶しています。種苗会社のカタログにも、たまに載っている程度です。

ポット苗で売られていますので、購入したときは5号鉢程度に植え付けます。

鉢植えの用土

赤玉土と腐葉土(バーク堆肥)を2対1程度に混ぜたものを使っていましたが、特に問題なく育っていました。市販の草花用培養土でもよいかと思われます。

ヒメノキシスの花

植え場所

日当たりを好みますが、夏は半日陰の涼しいところで管理します。

日常の管理

やや乾燥気味を好みますので、過湿にならないよう注意します。

夏の管理

耐暑性があまりないようなので、風通しのよい涼しいところで管理します。

冬の管理

耐寒性は比較的ありますので、室内に入れる必要はありません。暖地の場合は、軒下程度で大丈夫です。

肥料

植え付け時に緩効性の肥料と、生育期間中に液肥を与えます。

病気・害虫

特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。