ヒメザクロ Punica granatum var.nana

ヒメザクロの花
写真 ヒメザクロ
撮影時期 2010.9.12
栽培状況 庭植え
科名・属名

ザクロ科
ザクロ属

園芸分類

落葉低木

別名

チョウセンザクロ

原産地

イラン〜アフガニスタン

用途

鉢植え、庭植え

花期

6〜9月

【ヒメザクロについて】

ヒメザクロは、チョウセンザクロという別名がありますが、中国で育成され、江戸時代に日本に伝わったとされています。朝鮮を経由して入ってきたため、チョウセンザクロという別名が付いたものと思われます。

ところで、ザクロは果樹としておなじみですが、花が美しいことから花木としても栽培される品種もあります。花を観賞する品種は花ザクロとも呼ばれます。その中でも、ヒメザクロは鉢で栽培できるほどの矮性品種で、庭植えにしても場所をとりませんので、よく植えられています。

栽培したところでは、丈夫で育てやすいですし、スペースもさほど必要としませんので扱いやすいと言えます。

【花の特徴と性質】

樹高

ヒメザクロは矮性で地植えにしても1m程度です。

一重咲きと八重咲きがありますが、八重咲きの品種が多いようです。

耐寒性・耐暑性

耐寒性がやや弱く、寒冷地での栽培には向いていません。

学名の説明

Punica・・・・・ punicus(カルタゴの)が語源です。

granatum・・・・・「種の多い」

nana・・・・・「小さい」、「低い」

【主な種類と品種】

朱赤の八重咲きの花が咲く品種が一般的ですが、黄色の花の咲く品種もあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

庭植えでも育てられますが、鉢植えにも向いています。植えつけの時期は、3月下旬〜4月上旬が適期です。

庭に植える場合は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ヒメザクロの花

鉢植えの用土

赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。

鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

植え替え

鉢植えの場合は、2年に1回程度の頻度で3月下旬ごろに植え替えをします。

鉢から抜いて、表土と根鉢の三分の一ほど土を落として、一回り大きい鉢に植え替えます。同じ大きさの鉢を使うときは、もう少し多く古い土を落として植え替えます。

日常の管理

やや乾燥気味を好みますので、鉢植えの場合は、過湿にならないようにします。

剪定

強い剪定は控えるようにします。時期は、芽を吹く前の2〜3月に行います。秋以降の剪定は、花芽を切ることになりますし、枝が枯れこみやすいので避けるようにします。

肥料

庭植えの場合は、芽の出る時期と秋に化成肥料を株元に撒いておきます。

鉢植えは、植え付け、植え替え時に緩効性の化成肥料を与え、生育中は、月に1回置き肥をします。

病気・害虫

カイガラムシがつくことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。