ヒイラギ Osmanthus heterophyllus

ヒイラギの花
写真 ヒイラギ
撮影時期 2004.11.22
撮影場所 高知市にて
科名・属名

モクセイ科
モクセイ属

園芸分類

常緑小高木

別名

(特にありません)

原産地

東北以南

用途

庭植え

花期

11月〜12月

【ヒイラギについて】

ヒイラギは、福島県以西に自生している常緑小高木です。柊と書くようにキンモクセイの花が終わった11月になって白い花が咲きます。とてもよい香りをもっています。

葉には鋸歯の先端が変形した棘があり、触ると痛いので侵入防止を目的とした生垣に使われますが、老木になると棘がなくなるようです。また、その名前も、葉の棘が刺さると、とても痛いことから、ヒリヒリ痛むという意味の古語である「ひいらぐ」に由来すると言われています。

【花の特徴と性質】

樹高

高さ3〜4m近くになります。

白い小さな花で、とてもよい香りがします。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性がありますが、福島県以西に自生しているといわれています。

学名の説明

Osmanthus・・・・・・ギリシャ語の osme(香気)+ anthos(花)が語源です。

heterophyllus・・・・・「異形葉の」

【主な種類と品種】

斑入り葉のフイリヒイラギがあります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけは、春は4月、秋は9〜10月ごろが適しています。土質は、腐食質に富んだ肥沃地が適しています。

植え付ける際は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に三分の一程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

ヒイラギの花

植え場所

日当たりのよいところを好みます。冬の北風が当たるところは、避けるようにします。

剪定

花芽は新梢の葉腋(葉のわき)につきますので、芯枝の固まった6月下旬〜7月に長く伸びすぎた枝を軽く剪定します。

全体的な刈り込みは、花が終わった12月から芯枝が伸びる前の3月の間に行います。ヒイラギは萌芽力が強いので、強く刈り込んでも大丈夫です。

肥料

多肥は避け、冬にチッソ分の少ない肥料を寒肥として与えます。

病気・害虫

カイガラムシが付くことがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。