ピンピネラ Pimpinella major

ピンピネラの花
写真 ピンピネラ ‘ロゼア’
撮影時期 2015.5.15
栽培状況 プランターで栽培
科名・属名

セリ科
ミツバグサ属

園芸分類

宿根草

別名

(特にありません)

原産地

ヨーロッパ

用途

庭植え、鉢植え

花期

6月〜7月

【ピンピネラについて】

ピンピネラは、セリ科の植物特有のレース状の花が咲きます。同じセリ科のホワイトレースフラワーブルーレースフラワーは一年草ですが、こちらは宿根草です。

園芸店などで見かけることはありませんでしたが、おぎはら植物園のカタログに載っていましたので購入してみました。最近は、切花でもあまり流通していないようです。

栽培したところでは、夏越しが厳しいのではないかと思っていましたが、プランターに植えて、夏は1日を通してあまり日の当たらないところで育てたところ、それほど弱ることもなく夏を越しました。

もっとも、暖地での栽培にはあまり適していないのか、草丈はさほど伸びず、40cmほどにとどまっています。

【花の特徴と性質】

草丈

60〜80cmほどになるようです。暖地で栽培すると、草丈はそれほど伸びません。

セリ科の植物特有のレース状の花が咲きます。

耐寒性・耐暑性

耐寒性はありますが、夏の高温多湿を嫌います。

学名の説明

Pimpinella・・・・・この属の植物のラテン名を属名にしたものです。

major・・・・・「より大きい」

【主な種類と品種】

ピンクと白花の品種があります。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

耐暑性がやや弱いので、暖地の場合は、季節に応じて移動できる鉢やプランターでの栽培が適しています。植え付けは、春又は秋のいづれでもかまいません。

鉢植えの用土

鹿沼土、赤玉土、バーク堆肥を等量にしたものを使っていますが、特に問題なく育っています。

植え替え

暖地の場合ですが、鉢やプランターに植えた場合、どんどんと株が大きくなるというところまでいきませんので、2年に1回で差し支えないと思われます。時期は、春ですが暖地の場合は秋でも差し支えありません。

植え場所・置き場所

鉢やプランターで育てる場合は、秋から春までは日当たりのよいところで育てますが、高温多湿が苦手なので夏は日陰〜半日陰の涼しいところに移します。

花壇に植える場合は、午後は日陰になるようなところが適しています。少なくても、夏の西日が当たるようなところは避けるようにします。

日常の管理

鉢やプランターに植えた場合は、鉢土の表面が乾いたら十分に水やりをします。

冬の管理

耐寒性が強く戸外で冬を越しますので、霜除け等の必要はありません。鉢やプランターに植えている場合は、水やりは少なくしますが、鉢土が乾いたら暖かい日の午前中に軽く水やりをします。

肥料

鉢やプランターに植える場合は、植え付け時に緩効性肥料を与えます。後は、春と秋に液肥を2週間に1回程度与えます。

病気・害虫

今のところ、特にはないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。