ヒポシルタ Nematanthus gregarius

ヒポシルタの花
写真 ヒポシルタ
撮影時期 2009.1.4
栽培状況 鉢植え
科名・属名

イワタバコ科
ネマタンサス属

園芸分類

非耐寒性常緑小低木

別名

キンギョノキ

原産地

ブラジル

用途

鉢植え

花期

5〜12月

【ヒポシルタについて】

ヒポシルタは、園芸店などでときどき見かけますが、金魚のように見える花と光沢のある葉に特徴があります。ブラジル原産で耐寒性がないので、通常は鉢植えで育てます。

和名の「金魚の木」というのは、赤い花が金魚のように見えることからきています。

栽培したところでは、夏の直射日光に当てなければ、栽培はそれほど難しくありません。霜の当たらない玄関先に置いていますが、特に傷むことはなく、冬の間も花が咲いてます。

【花の特徴と性質】

樹高

園芸店では、20p足らずのものをよく見かけますが、30〜50pにはなるようです。

オレンジ色の花が金魚に似ているところから、別名「金魚の木」とも呼ばれています。

耐寒性・耐暑性

耐寒性は弱いですが、耐暑性はあります。ただし、夏の直射日光を嫌います。

学名の説明

Nematanthus・・・・・ギリシャ語の nemat(糸)+ anthos(花)が語源です。

gregarius・・・・・「群生する」、「群れをなす」

【主な種類と品種】

一般によく見かけるオレンジの花が咲く品種のほか、下の写真のように葉の裏が鮮やかな品種も出回っています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

園芸店などで花の咲いた株が売られていますので、これを買って育てます。耐寒性がないので、鉢での栽培になります。

購入した株の鉢が小さいときは、根鉢を崩さないようにして一回り大きい鉢に植え替えます。

ヒポシルタの花

鉢植えの用土

多湿を嫌いますので、水はけのよい用土に植えつけます。

植え場所

耐陰性が比較的強いので、春と秋は戸外の涼しい半日陰で育てます。

耐暑性がやや弱く、夏場の直射日光を嫌いますので、夏場は風通しがよく、直射日光が当たらないところに置きます。

日常の管理

多湿を嫌いますので、鉢土の表面が乾いてから水やりをします。

その一方、乾燥させ過ぎると、葉が落ちて株がダメになりますので、あまり乾燥させすぎないようにします。

冬の管理

耐寒性が弱いですが、関東以西の暖地であれば玄関先など霜の当たらないところに置けば大丈夫と思われます。ただし、特に寒さの厳しい日は室内に取り込みます。水やりは控えめにします、

ふやし方

挿し木で増やすことができます。

肥料

生育期間中に、夏場を除き、月に2回程度液肥を与えます。

病気・害虫

特にありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。