ピメレア Pimelea spp.

ピメレアの花
写真 ピメレア
撮影時期 2003.4.6
栽培状況 開花株購入
科名・属名

ジンチョウゲ科
ピメレア属

園芸分類

半耐寒性常緑小低木

別名

(特にありません)

原産地

オーストラリア、ニュージーランド

用途

鉢植え

花期

3〜5月

【ピメレアについて】

ピメレアは、オーストラリア、ニュージーランド原産の常緑低木で、比較的新しい種類ではないかと思います。

一般的にオーストラリア原産の植物は日本の気候にはあまり向いていませんが、ピメレアも同様で、高温多湿が苦手です。

栽培したところでは、基本的に日本の気候、特に関東以西の暖地の環境には合っていませんので、2年、3年と花を楽しむのは容易ではありません。

【花の特徴と性質】

ピメレアの花

樹高

樹高は40pほどのものが売られています。

花径5ミリほどの小さな花が半球状になって咲きます。球の径は4p程度で、花色は、ピンクや黄色などがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性が弱く、冬は室内に取り込みます。

学名の説明

Pimelea・・・・・種子を意味するギリシャ語の pimele が語源です。

rosea・・・・・「バラ色の」

ferruginea・・・・・「鉄さび色の」

physodes・・・・・(※ 不詳)

【主な種類と品種】

ロゼア
P. rosea

園芸店やホームセンターなどでよく見かけるのが本種で、花色はピンク、濃ピンク、白などがあります。

フェルギネア
P. ferruginea

春咲きでピンクの花が咲きます。

フィソデス
P. physodes

黄色の花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

ピメレアは、夏の高温多湿に弱く、また、耐寒性がそれほどありませんので鉢植えで育てることになります。

春に花の咲いた株が園芸店やホームセンターなどで売られていますので、通常は、これを買って育てます。植えられている鉢が小さいときは、根詰まりをしてしまうので、根鉢をあまり崩さないようにして一回り大きい鉢に植えつけます。

ピメレアの花

鉢植えの用土

水はけのよい用土を使います。私は鹿沼土、赤玉土、軽石、バーク堆肥を3:3:2:2程度に混ぜた用土を使っていましたが、まずまず育っていました。

植え場所

日当たりのよい場所に置きますが、高温多湿を嫌うので、夏は風通しのよい明るい半日陰に移します。

日常の管理

多湿を嫌いますので、水は鉢が乾いてから与えます。

剪定

放任すると枝が伸びて樹形が乱れますので、花後に切り戻しをしておきます。

冬の管理

霜に当たると傷みますので、冬は室内に取り込みます。

肥料

春と秋に、緩効性の化成肥料を与えます。

病気・害虫

特にないようですが、過湿で株がダメになることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。