ヒメノカリス Hymenocallis spp.

ヒメノカリスの花
写真 ヒメノカリス・フェスタリス
撮影時期 2008.6.14
栽培状況 鉢植え
科名・属名

ヒガンバナ科
ヒメノカリス属

園芸分類

春植え球根

別名

イスメネ

原産地

中南米の熱帯地方

用途

鉢植え、庭植え

花期

5〜6月

【ヒメノカリスについて】

ヒメノカリスは、高温を好む大型の春植え球根です。印象としてはアマリリスによく似ていますが、花の形がユニークで、初夏に少し変わった花を楽しむことができます。

よく似た名前にヘメロカリスがありますが、全く別の植物です。なお、イスメネという別名は、この属の旧名です。

栽培したところでは、開花させるには球根の肥大が大切で、充実した球根にならないと花が咲いてくれません。

【花の特徴と性質】

ヒメノカリスの花

草丈

草丈は50〜60pほどです。

(主な種類と品種を参照してください。)

耐寒性・耐暑性

耐暑性は強いですが、耐寒性はあまり強くありません。

ただし、昨年春に庭に植えておきましたが、今年も問題なく育っていますので、暖地では庭植えができます。

学名の説明

Hymenocallis・・・・・ギリシャ語の hymen(膜)+ calos(美しい)が語源です。

speciosa・・・・・「美しい」、「きれいな」

festalis・・・・・「楽しい」、「愉快な」

【主な種類と品種】

‘サルファークイーン’
'Salphur Queen'

白花の H. narcissifloraと黄花の H. amancaesの種間交配によって生まれた品種です。淡黄色でスイセンのような大きな副冠をもっています。(写真中)

スペキオサ
H. speciosa

草丈50〜60pほどの白花です。ひとつの花茎から4つほど花が咲きます。(写真:下)

フェスタリス
H. x festalis 'Zwanenburg'

草丈がコンパクトで、白花が咲きます。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植えつけの適期は4月で、寒冷地の場合は5月になります。暖地では庭植えも可能ですが、寒地の場合は、鉢やプランターでの栽培になります。

花壇に植える場合は、バーク堆肥(腐葉土)を1u当たり10Lと化成肥料を1u当たり50gほど撒いて、庭土を深さ30cmほど耕してから植えつけます。

鉢植えの用土

市販の園芸用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え付けの深さ

鉢やプランターの場合は、球根の頂部が隠れるくらいにします。花壇に植える場合は、10cmほどにします。

株間

鉢植えの場合は、7号鉢に1球又は少し詰めて植える場合は8号鉢に3球を目安にします。花壇に植える場合は、20〜30pほどにします。

ヒメノカリスの花

植え替え

花壇に植えた場合は3年に1回、鉢やプランターは毎年植え替えますが、大きめのプランターでは2年に1回でも差し支えありません。

植え場所・置き場所

花壇に植える場合は、日当たりと水はけのよいところに植え付けます。鉢やプランターで育てる場合も日当たりのよいところに置きます。

日常の管理

過湿にならないよう、鉢土の表面がよく乾いてから水やりをします。

花が咲き終わったら、早めに花茎を切り取ります。

冬の管理

関東以西の暖地では、花壇に植えた場合は、軽く霜除けをしておけば安心です。

鉢やプランターに植えた場合は、水やりを止め、霜の当たらない暖かいところに置けば冬を越します。

休眠期の管理

葉が枯れて来たら休眠期に入ります。暖地の場合は必ずしも掘り上げる必要はありませんが、掘り上げた場合は、段ボールの箱の中にバーミキュライトを入れその中に球根を入れて、春の植え付け時まで暖かいところで保管しておきます。

ふやし方

分球して増やすことができますが、開花するまでには時間がかかります。

肥料

ヒメノカリスは、肥培管理をしないと翌年花が咲かないことが多いので、植付け時には、緩効性肥料を混ぜておくとともに、置肥をするか月に2〜3度液肥を与えます。

病気・害虫

特にないようです。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。