ヒイラギナンテン Mahonia japonica

ヒイラギナンテン‘チャリティ’の花
写真 ヒイラギナンテン 'チャリティ'
撮影時期 2010.12.19
栽培状況 庭植え
科名・属名

メギ科
ヒイラギナンテン属

園芸分類

常緑小低木

別名

マホニア
トウナンテン

原産地

中国南部、台湾、ヒマラヤ

用途

庭植え

花期

12〜3月

【ヒイラギナンテンについて】

ヒイラギナンテンは、ナンテンのような枝ぶりと、ヒイラギのようなトゲのある葉から、この名前が付いたといわれています。南天の「難を転じる」と、ヒイラギのトゲが厄難を避けるということで、迷信といえばそれまでですが、庭木としてよく植えられています。なお、種小名は日本産となっていますが、日本には自生がなく中国が原産とされています。

ヒイラギナンテンの一般種は春に開花しますが、‘チャリティ’は、花期が長く、ほとんどの花が終わった12月に咲き始め、お正月も咲いていることから非常に利用価値のある花木です。

マホニア属には、他にホソバヒイラギナンテンM. fortunei)やナリヒラヒイラギナンテン(M. confusa)もよく栽培されています。

栽培したところでは、病害虫もなく、毎年花がとても美しく咲いてくれます。

【花の特徴と性質】

樹高

そのままにしておくと2mを超えますが、剪定をすれば背丈くらいにすることができます。葉に棘がありますが、葉が堅いので注意します。

香りのよい小さな黄色い花がたくさん咲きます。花後には実がびっしりと付きますが、そのままにしておくと株の負担になりますので、早めに切り取ります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり庭植えができます。寒冷地は難しいようです。

学名の説明

Mahonia・・・・・19世紀のアメリカの園芸家 Bernard MacMahon に因んでいます。

japonica・・・・・「日本の」

fortunei・・・・・19世紀のスコットランドの植物学者 Robert Fortune の名前に因みます。

confusa・・・・・「間違えた」、「不確かな」

【主な種類と品種】

チャリティ
Mahonia×media ‘Charity’

ヒイラギナンテンの園芸品種で、台湾産のマホニア・ロマリーフォリア(M. lomariifolia)とヒイラギナンテンの交配種です。12月〜1月に黄色の小さな花をつけた穂を数本立ち上げて咲きます。木が大きくなってくると、写真のようにとても美しく咲きます。同じ系統に‘ウインターサン'があります。

ホソバヒイラギナンテン
Mahonia fortunei

ヤナギバヒイラギナンテンともよばれます。ヒイラギナンテンよりも葉が細く、秋に開花します。

ナリヒラヒイラギナンテン
Mahonia confusa

葉がとても細長い種類です。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

植え付けの適期は3〜4月です。10〜11月にも植え付けできます。

苗木の大きさにもよりますが、通常は、根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、腐葉土や堆肥を入れ庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。植えた後は、タップリと水やりをし、支柱をしておくと安心です。

木が大きくなっていきますので、鉢植えでの栽培には向いていません。

ヒイラギナンテンの花

植え場所

日当たりのよいやや湿った場所を好みます。ただし、半日陰地でも栽培できます。

耐寒性は強いですが開花が冬になりますので、冬の寒い風が当たらない家の南側が最適です。

剪定

‘チャリティ’などヒイラギナンテンは、ほとんど分枝せずに枝が上に伸びていく性質を持っていますので、木が小さいときから摘芯しながら育てると樹形が整います。剪定をしないでそのまま育てると、木の下のほうが透けて、見栄えが悪くなります。

剪定は、花後すぐに行います。樹形を考えて、前年に伸びた太い枝を葉が密生している上で切ります。

肥料

1〜2月に寒肥として有機質肥料を与えます。私は、植えつけ後はほとんど施肥していませんが、毎年よく咲いてくれます。

病気・害虫

特にはありません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。