姫ヒマワリ Heliopsis helianthoides

ヒメヒマワリの花
写真 姫ヒマワリ ‘サンバースト’
撮影時期 2012.7.29
栽培状況 春まき後、庭植え(2年目)
科名・属名

キク科
ヘリオプシス属

園芸分類

宿根草

別名

ヘリオプシス
キクイモモドキ
宿根姫ヒマワリ

原産地

北アメリカ

用途

庭植え

花期

6〜9月

【姫ヒマワリについて】

姫ヒマワリは、夏の花壇に映える宿根草で属名のヘリオプシスで呼ばれることもあります。宿根ヒマワリとかヘリアンサスの名で流通しているヘリアンサス属のものとは属が違いますが、名前だけでなく草姿や花もよく似ているので、混同されることがあります。

また、ヒメヒマワリとすると、一年草のヘリアンサス・デビリス(Helianthus debilis)のことだとされていますので、一層ややこしくなります。ヘリオプシスとすべきかもわかりませんが、通常、姫ヒマワリと呼ばれているので、ここではそのようにしています。

栽培したところでは、一重咲きの品種は、とにかく丈夫です。‘サンバースト’を春に播いたところ、その年には花が咲き、2年目になると株も充実し、たくさんの花が咲きました。その後も、毎年よく咲いています。

一重咲きと比較すると八重咲きの品種は、枝の伸びもゆっくりで、大株にはなりませんでした。品種によるかもしれません。

【花の特徴と性質】

姫ヒマワリの花

草丈

1〜1.5mほどになります。

その名のとおり鮮やかな濃い黄色の花が咲きます。花径は3〜6pほどで一重咲きと八重咲きがあります。

耐寒性・耐暑性

耐寒性、耐暑性があり丈夫です。

学名の説明

Heliopsis・・・・・ギリシャ語のhelio(太陽)+ opsis(似ている)が語源です。

helianthoides・・・・・「ヒマワリ状の花の」

【主な種類と品種】

‘旭’

八重咲きの品種です。(写真中)

‘サンバースト’

一重の小輪咲です。大変丈夫で、こぼれダネからよく増えます。タネも販売されています。

‘サマーナイト’

茎の色が非常に濃い、一重咲きの大輪の花が咲きます。草丈もよく伸びる高性種です。(写真下)

【育て方と栽培のポイント】

タネ播き

苗が売られていることが多いですが、タネから育てることができます。暖地では秋播きもできますが、春播きが一般的で、3月下旬〜4月に播きます。‘サンバースト’は、こぼれダネからもよく発芽し、あちこちから顔を出します。

育苗箱に播き、3mmほど覆土をします。発芽後、本葉が3〜4枚のころにポットや小鉢に植え替えます。

ポットや小鉢に直接播いてもかまいません。2〜3粒ずつ播いて、発芽後、間引いて1本にします。

植え付け

ポットに根が回ったら花壇やプランターに定植します。

花壇に植える場合は、堆肥を1u当たり3kgほど入れて庭土とよく混ぜ合わせてから植え付けます。

鉢植えの用土

市販の草花用培養土もしくは赤玉土とバーク堆肥(腐葉土)を2対1程度に混ぜたものなどを使います。

植え替え

花壇に植えた場合は、4〜5年に1回程度、株分けを兼て植え替えます。時期は、春先でも秋でもかまいません。

鉢やプランターは、毎年、もしくは2年に1回、植え替えます

姫ヒマワリの花

株間

20〜30pほどにします。

植え場所・置き場所

日当たりと水はけのよいところに植え付けます。水はけが悪いと、白絹病が発生することがあります。

鉢やプランターも日当たりのよいところで育てます。

日常の管理

春に15〜20pほど伸びたところで摘芯をすると株立ちが多くなり、草丈も抑えられて倒伏しにくくなります。

終わった花は、早めに切り取ります。

冬の管理

冬には地上部が枯れますので、冬が来たら株元から切り戻しをしておきます。耐寒性がありますので、霜除けは不要です。

肥料

花壇に植えたときは、肥料を与えなくてもよく育ち、よく咲いてくれます。

鉢やプランターは植えつけ時に緩効性肥料を少なめに与え、後は、生育状況を見て液肥を与えます。

病気・害虫

アブラムシやアオバハゴロモが付くことがあります。また、夏になってくると葉を食べられることがあります。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。