ヒラドツツジ(平戸つつじ) Rhododendron x pulchrum

ヒラドツツジの花
写真 ヒラドツツジ
撮影時期 2009.4.18
栽培状況 庭植え
科名・属名

ツツジ科
ツツジ属

園芸分類

常緑低木

別名

(特にありません)

原産地

日本

用途

庭植え

花期

4月〜5月

【ヒラドツツジについて】

ヒラドツツジは、琉球産のケラマツツジとモチツツジ、キシツツジなどの自然交雑によってできた品種と実生によって作り出された品種群を指します。

大型で、花も大きく、古くから主に長崎県平戸市で栽培されてきたことからヒラドツツジとよばれます。ツツジの中では、クルメツツジと同様、たくさんの品種があります。

刈り込みに耐え、萌芽力が強いことから街路樹としてよく使われており、おなじみです。花が大輪で美しいので、満開のときの美しさは例えようもありません。

私も大好きな花木で何種類か植えていますが、栽培したところでは、管理が行き届かないときは花芽を食害され、後になって後悔しています。

【花の特徴と性質】

ヒラドツツジの花

樹高

常緑で、放任すると樹高は2〜3m程度になります。

この花の特徴は、いずれも大輪で、大きいものは10pを超えます。

花の色は、白、桃、赤、赤紫とあり、色の濃淡もいろいろです。多花性で大輪の花が満開のときは素晴らしい景観をつくります。

暖地では、木の伸びもよく、街路樹や公園によく植栽されています。

耐寒性・耐暑性

暖地に向いた種類で、耐寒性がやや弱く、どちらかというと寒地にはやや不向きと言えます。

学名の説明

Rhododendron・・・・・・ギリシャ語の rhodon(バラ)+ dendron(樹木)が語源です。

pulchrum・・・・・「美しい」

【主な種類と品種】

大紫

ヒラドツツジの代表的品種で、ケラマツツジとキシツツジの交雑によって生まれたといわれています。赤紫の大輪で、強健なので最も多く植えられています。

大紫の枝変わりによって生まれたもので、淡桃色で白覆輪の大輪種です。よく植栽されており、桃色の花はまずこの品種と考えて間違いありません。(写真下)

舞姿

桃色の巨大輪で、大変美しい品種です。

白妙

曙の枝変わりで、白花では最もよく植えられています。

【育て方と栽培のポイント】

植え付け

苗木は、園芸店などにも出ていますし、種苗会社のカタログにも載っていますので、これらから手に入れることになります。

植え付けは、秋でも、春でも可能です。ただし、秋の植え付けはあまり遅くならないようにしたいところです。

植え付ける際は、苗木の大きさにもよりますが、通常は根鉢の2〜3倍の植え穴を掘って、掘り出した庭土に3割程度のバーク堆肥(腐葉土)を入れて庭土とよく混ぜ合わせて植えつけます。

木が大きくなりますので、鉢植えにはあまり適していませんが、大きめの鉢を使えばある程度までは栽培可能です。

ヒラドツツジの花

鉢植えの用土

少し酸性の土壌を好みますので、鹿沼土とバーク堆肥を7対3ほどの割合にしたものなどに植えつけます。

植え場所

日当たりと水はけのよいところに植えつけます。日当たりが悪いと、花付きが悪くなります。

株間

非常に丈夫で、枝の伸びもよいので、庭に植える場所は、少なくても1mぐらいのスペースは欲しいところです。

植え替え

鉢植えは、2年に1回程度の目安で植え替えます。表土と根鉢を二分の一から三分の一程度落として、新しい用土に植えつけます。

10号鉢ほどの鉢の大きさになるまでは、一回り大き目の鉢に植え替えていきます。

日常の管理

鉢植えは、夏場の水切れに注意します。

剪定

自然のままでもそれほど樹形は乱れませんが、全体を切り詰めるための剪定は、花後できるだけ早く、遅くても7月中には終えるようにします。

秋以降の剪定は、伸びすぎた枝など特に邪魔になる枝の剪定くらいにとどめます。

冬の管理

耐寒性はありますが、暖地は別にして鉢植えは霜の当たらないところに移した方が無難です。

ふやし方

6月中〜下旬頃、今年伸びた充実した枝を10pほど切り取り、十分に吸水させたあと鹿沼土に挿します。乾燥させないように管理すれば、容易に発根します。

ヒラドツツジの花

肥料

肥えたところなら特段肥料を与えなくてもよく育ちますが、与えるなら油カス主体のものを2月頃施します。

鉢植えは、3〜4月と9月頃に置き肥をします。

病気・害虫

栽培するうえで、特段の問題はないですが、病害虫には注意します。最大の害を与えるのは、ベニモンアオリンガです。

この害虫は、蕾を食い荒らしますので、何もしないと翌年花がみえなくなってしまいます。しかも、よく発生してやっかいです。

私は、7月〜10月までカルホス乳剤を3〜4週間に1回散布していましたが、この薬剤は、今は販売中止になっています。

4月頃に葉が白っぽくなるようなら、グンバイムシが発生しています。

もうひとつ、やっかいなのは、せっかく咲いた花が茶色に腐ってしまう病気です。これは、雨によって広がります。ベンレート水和剤を散布するのと、花後に剪定して、病気になった花を残さないようにしなければなりません。

ページのトップに戻ります。このページのトップに戻ります。一覧へ戻ります。一覧に戻ります。